2020年9月2日

句集『日向灘』疋田恵美子



著者略歴

1940年 高知県生まれ

2000年 登山始める

2002年 俳句始める 同年「海程」入会

2006年 宮崎俳句研究会「流域」入会

2009年「海程」同人

2010年「青銅通信」入会

2017年「錆」入会

2018年「海程」終刊

現在 「海原」同人

現代俳句協会会員・九州俳句作家協会会員・宮崎県俳句協会会員


 金子兜太

 煮凝りの亡母のクローンと思わずや    疋田恵美子

 「煮凝り」を「亡母のクローン」と見る、あえてそう見てみせる、 

   作者の大胆さがおもしろい。しかも大胆無頼を 好しとするばかりでなく、

 亡母への思いの深さ熱さが、それこそ逆説的に伝わるところが嬉しいのだ。

 煮凝りに箸をつけながら 亡母を恋ういま。


 著者自選句

 目玉むきだし踊るマオリや秋の星座

 月載せて谷に群れなす孕み鹿

 汗とばしり柤母山傾山のきりぎし

 初日の出吾は達磨のブロッケン

 道祖神だんだん似てくる母はさくら

 磔刑のごと夕焼けに一本松

 阿蘇五岳虹の片足ズームして

 月光に母を泛べる日向灘

 累卵のしずけさ初秋のフクシマ

 夫の間に夫の手植えの椿盛る

 ジュゴン今冬の辺野古をさまよえり

 師の生家イロハモミジの種賜う