2020年1月28日

句集『鶏頭』岸本マチ子



自選12句

かなぶんに好かれて女盛り越す

六月の地軸はことに軋みおり

かやつり草何故かここから出られない

日焼して父より母より生きている

晩夏光まだ変身の途中です

鶏頭のとさかの様に猛り立つ

自萩ゆれ夢の中までどどと兵

さみしさの前後左右を存という

路地裘におぼろの墓ある那覇の街

春惜しむわたしの中にも駅がある

晩夏いま去りゆくものの影をふむ

大寒がどっかと座る壺の中

毎日新聞『俳句月評』岩岡中政

 岸本マチ子『鶏頭』は、この夜の息づまる自我や反骨を超えた成熟と
ゆとりの世界に遊ぶ句集。自分の生をふり返ってこれを諾い、ふと興が
る心で描く、一寸自在な即興の世界である。と同時に若々しく品格の
ある句も魅力的。沖縄への思いの句もある。

あとがき

  ゆく河の流れは絶えずして
   しかももとの水にあらず  (『方丈記』)

 なんと美しく切ない文章であろうか。八十五歳ともなるとそれが
良く分かる。
いつの問にかそんな年になってしまった。幸せも悲しみも川の流れの
ように時とともに過ぎてゆく。わたしには一体なにがあるだろうか。
何もなくてもいい。
ただ一つだけ爪痕が残せるならば、そんな世迷言をいってみる。
 そんなわたしに力を貸して下さった黒部隆洋様、本当にありがとう
御座居ました。
      令和元年十一月              岸本マチ子


滅亡など思ってもみない青葉木菟

六月はしたたらすもの多すぎて

手花火の闇待ちきれないまま果てて

稲妻ややんばるの森串刺しに

凍蝶はまっくらがりの音がする

かた足はわたしの胸に秋の虹

いつの間にかわたしの両足穂芒に

雑炊に壊(こわ)れた時も闇もまぜ

ひょっとしてわたしも冬枯真っ最中

ただららぬニュースばかりであめんぼう

秋夕焼「まて」の姿勢の犬がいて

どの鍵も合わぬいらだち冬に入る

寒夕焼いまだふきこぼれやまぬもの

よふけという町に来ている大熊座

死の話いともすとんと心太

怒りとはこんな日暮れの草いきれ

大根がはちきれんばかりやさしくて

冬ざるるからだの芯までまっすぐに

行く春のもどらぬ足音聞いている

分からない明日を走る走馬灯
                                          (管理人・竹丸選)