2020年6月24日

兜太オリジナル「立禅」

 
蛭田有一オフィシャルサイト(蛭田氏から金子兜太写真を提供)
                  http://www.ne.jp/asahi/hiruta/photo/


金子 近ごろね。いろいろと人にもよくたずねられるんですよ。私の「立禅」についてね。
 それで、ここでそのありのままのことをお話したいと思って、よく考えてみたらね、黒田君。あなたがまとめてくれた歌人の佐佐木幸綱氏との『語る 俳句短歌』ね、藤原書店から出た。九十歳の私と七十歳の幸綱氏が、秩父の長瀞の長生館で一晩泊まりがけで語り合って出来た本だが、あそこで、佐佐木氏の質問にこたえる形で、とても具体的にしゃべってますな。あの本のあの部門を再録してもらうことがいいんじゃないかなあ。

佐佐木 立禅だから、立ってやるんですか。

金子 ええ。名前のとおり単純です。立ってやる。車中で坐ってやることもある。黙って突っ立っているから禅みたいなものだという程度のことです。どうやるかというと、長年の間に亡くなった人で、自分にとって印象に残っている人たち、お世話になった人とかいろいろ、つまり私にとっての大切な、特別な人たちですが、その名前をずうっと言ってゆくのです。今、二百人くらいになっているかな。数えませんけれど、あまりふやしても覚え切れないし、時間をとっちゃうからね(笑)。

佐佐木 最初は何人くらいから始められたんですか。

金子 えーっと、最初は二十人くらいのもんだね。

佐佐木 最初その名前は、リストアップというか、書きだしたんですか。

金子 いや、はじめから頭の中だけです。

佐佐木 そのリストは亡くなられた順ですか。

金子 でもないです。とにかく、最初に言うのは私の郷里の、皆野の本家の菩提寺、円明寺の坊主です。今の前の代、つまり先代の倉持好憲和尚を私はえらい好きでね。彼とは「肝胆相照らす」という関係があったんです。彼が死んだとき、この男の名前は言い続けたいという気持ちがあったんだなあ。背が高くて、坊さんの大学があるでしょう、そこの剣道部の主将をしていた。全国優勝をした。

剣道の達人です。鋭いです。恐らく幸綱さん好みです。私か銀行を退職して家へ帰ったとき、ちょうど好憲和尚が来て、「おお、よく野垂れ死にしねえでな」と言われたのを覚えています。いきなりこのオレにそう言いやがった。そういう男ですけど、何だか好きでね。その彼が一番。



佐佐木 いつごろ亡くなられたんですか。

金子 私か退職してから、彼は大腸癌の手術をした。それから十年ぐらい生きたから、私がかれこれ七十のころ死んだと思うな。だから、二十年くらい前ですね。私の立禅はそこから始まっているのです。

はじめのうちはぼつぼつと。その好憲の名前だけ言いたいという妙なこだわりがあったんですなあ。因に申しますと、その好憲がおもしろいというのも、彼は皆野小学校を出て、秩父農林学校に大ったんです。農林を卒業してから坊主になった。農林の試験のとき、筆記試験と口頭試問があったらしいです。口頭試問のとき、「おまえ、ロンドンはどこにあるか知っているか」と聞かれたらしいんだ。

ロンドンといえばイギリスでしょう。しかし彼は「ロンドンはオレの町の郵便局の隣にある」と言ったものだから、エエーツと教官がおったまげて、「これはただもんじゃない」というので入れたらしい(笑)。有名な話でね。ロンドンという名のカフェがあったんですよ。教官の口から伝わったんじゃないのかなあ。半分以上のやつが「あいつはバカだ」と言っているが、二二割くらいが「これはたいへんなやつだ」ということになっている。立禅を始めたのも、そういう人物に出会ったということが大きいでしょう。

 それから後は、加藤楸邨先生、勤めのころの恩人だった鎌田正美大先輩など、私にとって非常に身に沁みている人たちの名前だ。特に、楸邨、正美、それから堀徹。私は「ほりてつ」と愛称していた学生のころから私の俳句の指導者みたいな国文学者だったんですが、早死にしました。それと奸憲、この四人の名前、これはどうしてもという気持ちになってきて、そこから始まったのです。そこにつぎつぎいろいろな人の名前がくっついてきた。

佐佐木 女性もいるんですか。

金子 ええ、女性だけのグループの場所があるんです(笑)。
 
佐佐木 お母様は。

金子 おふくろさんは冒頭です。冒頭におやじとおふくろと、今は亡くなった女房のみな子(俳号・皆子)が加わっています。それから皆子の両親。その五人です。それはもう別格でやるんです。その辺のグループがどうしても言いたかった。それにどんどんくっついていったわけです。

佐佐木 姓も名前も両方言うんですね。

金子 いや。気まぐれでして、あだなを言う場合もあります。きちんと言う場合もあります。

佐佐木 顔を思い浮かべるわけですか。

金子 余裕をとっているときは顔が出ますね。あとは名前だけです。タッタッタッタッタッタッタッと馬が走るように言う場合もあります。ちょっと調子が悪いと停滞します。そのときは自分のコンディションの診断というか判断というか、材料になります。今日はちょっと自重しようとか、そういうことにもなるわけです。これはよろしいですよ。

佐佐木 立禅は、朝、なさるんでしょう。寝る前もですか。あと電車の中とかも。

金子 ええ。時間が余っているときはやるようにしています。いちおう朝と夕方が原則なんですけど、なかなかできませんね。特に夕方はできないから、そういうときは電車の中を使うことがあります。東京へ行ったときは帰りの新幹線の中で必ずやる。

佐佐木 電車の中ではできるだけ立って、やられるんですか。

金子 いや、坐っています。列車のシートに坐って。

佐佐木 そのときは目をつむっておられるでしょう。よその大は何をやっているのか分からない。ただ寝ているとだけ見えるとか。

金子 何だか知らんけれど、落ち着いた、いい老人だと周囲の大は思っているんじゃないですか。

佐佐木 落ち着いた、いい老人ですか。ハハハハハ。

金子 周囲からは好感を持たれていると自負しております。立禅をやっていると疲れがとれてくるんです。東京と熊谷、四十分なんてちょうどいい時間だ。熊谷で降りるときにはスーツとして心身の疲れがとれています。いろいろ効果があると思うなあ。

佐佐木 立禅で読み上げる人の中に外国人はいないんですか。

金子 ジヤック・スタム(1928-91)。外国人はジャックースタムだけですね。
あの大は忘れられない。私もよく一緒に旅をしました。オーストラリアのブリズベーンに行ったとき、花火を見ようということで、待っている間にハモニカを吹いてくれてね。あれ、忘れられないなあ。いい男でした。まるで絵に描いたような詩人でしたな。

 彼の場合の健康法ですが、疲れてくるとヨガをやってました。「失敬」なんて言って、すぐホテルに帰って自分の部屋でヨガをやってました。ブリズベーンには日航の世話で行ったんですが、彼、スタムはときどきいなくなるんだ。だから、日航の世話役連中が心配して探したりしてた。 

佐佐木 兜太さんの立禅は、好憲和尚さんやご親族、恩人の方たちのお名前から始まったということですが、今日、自分かあるのはそういう人たちのお蔭という気持ちを日々呼び覚ます、そういうことから始められたのですか。

金子 だんだんそういう気持ちになりました。だんだんにね。

佐佐木 最初はそうでもなかった?

金子 最初はともかく和尚が忘れられなくてやってたんだが、やり始めたら、恩人が、特に重要な楸邨と鎌田さんと堀徹の三人が忘れられなくなって、言うようになった。その後、今日、自分があるのはこういう人もいたなあということで言うようになったのです。途中から、戦争で亡くなった人とか、そういうのが入ってきた。女性も入ってきた。そういうことになります。だから、恩人のすぐ次には両親が出てくるわけです。

 佐佐木 金子さんにはそういう意識はないのでしょうけれど、あのお水取りのときに二月堂で過去帳を読み上げるみたいなものですね。

金子 まあ、そういうことになるんでしょうね。あの中には美人がいるんですよ。

佐佐木 「青衣の女人」。

金子 同じように特別な女性もいます。あとは非常に複雑になってきました。思いつくままという感じも出てきたんだけど。とにかく私の身に沁みている人たちです。
 ああ、樹木も数本出ますね。それから、うちにいたペット、犬や猫。女房や嫁さんのペット。正直言って私はああいうものは好きじゃないです。生き物を飼うということがダメですね。面倒臭くて。気を遣い過ぎる。

だから、私はダメなんだけど、女房とか嫁さんは好きだな。さすが女性だ。樹木の場合は現在でも生きている樹木です。例えば上の孫、智太郎が生まれたとき桜を植えたんですが、それは「智太郎の桜」という名前だ。それから、次に厚武が生まれたときには紅梅を植えました。それは「厚武の紅梅」と。それから私は上武大学で五年(教えて)いたので、卒業のときに大学生からもらった寒紅梅があるんです。それもまだ元気ですから、「上武の紅梅」と言ってます。そういう言い方で、植物が五、六本、入りますかね。それらは皆、一種のあだな、ニックネームで呼んでます。読み上げると気持ちがとても通うんですよ。

佐佐木 それはアニミズムですね。

金子 そうなんです。しばらく居た秩父の山小屋で世話をしてくれたおじいさんが立派な老白梅をくださった。それを持ってきて庭に植えてあります。それは「老白梅」と言ってます。それもあります。みんな忘れられませんからね。枯れたときにも頭に残るように、そう思ってます。いや、枯れさせられないですね。

佐佐木 毎日、名前を読み上げられていれば木のほうも枯れられないんじゃないですか。

金子 うん、自分でもそう思ってる。それをやると「気」をいただくという感じになる。気力のキだ。
 ああいうのはアニミズムですよね。私か本能なんて限定しちゃったけれど、しないほうがいいかも知れないですね。雰囲気としてもあります。そんなふうに立禅にはいろいろなことが織り込まれています。だんだん欲深くなってきた。それだけにしんどいですけれど(笑)。

佐佐木 でも、たくさんの人や木やペットの順序を間違えずに言うということ。それは毎朝のすごい頭の訓練ですね。

金子 順序を間違ったら(チャメチャになってしまう。一つ間違っただけでも、落語の「時蕎麦」の計算みたいなもんだよ。「今、何刻だ」で、数を間違うでしょう。あれ式になってしまうので(笑)、絶対に順番は決まっている。だから、逆に頭が堅いということだ。柔軟な人だったら覚えているでしょうけれど、私の場合はそういうのはない。順序どおりでないと進まない。

佐佐木 どうしても先に行けなくなるときがありますか。

金子 はい。たまにあります。

佐佐木 そうしたら、また最初に戻られるんですか。

金子 そういうときは歩きます。くるくるくるくる、部屋の中を。電車の中ではそうはいきませんから、しょうがないからウーツてやってますけどね。そういうのはあります。でも、結局思い出しますね。

佐佐木 さて、立禅をなさると、一日にかなりの時間をとりますね。でも、それは必ず休まず持続されるわけですね。

金子 はい。それが私の毎日に必要な時間だと思っています。もっとも重要なプログラムだから。 私か考えている「体」つてやつは「心身」なんです。心と身です。幸綱さんが「最近、肉体を身体と言うような傾向がある」とおっしゃってましたね。あれですよ。私はずーつと昔から、心身イコール体。肉体です。

佐佐木 心身一体ということですね。

金子 一体なんです。心を抜きにした体なんて考えられない。逆に心がしっかりしていれば体は丈夫になるという信念もあります。

佐佐木 金子兜太の養生は心身を同時に養っていくための「行」なんだな。

金子 ええ。どうも結果的にそうなったですね。はじめはそれほどに考えなかったんですけど、やるうちにその効果があると思いますから。特に四十分、電車でじーっとしているというのはいいですよ。雑音が全部消えるしねえ。心身を鍛えますから、降りたときにスーツとするんです。乗るときは「バカものがたくさんいる」と思ってても、降りるときになると「みんないい人たちだった」と(笑)。そう思えるほどのたいへんな変化があるんですよ。

 私は戦争中に命運が強いということを痛感いたしましたね。ずうっとそのことがありまして、命運が強い自分というのをこのまま保つということがいいんだ、無理に殺す必要はない、それ以上に無理に生かすという考え方が必要だ。この命運の強い自分をこのまま生かすということを考えていこうとずうっと思ってきて、今ではますます深くそれを思っているわけです。そのために今のようなことが出てきたような面がありますね。

そして、「ああ、これだ!」というような気持ちになっている。特に立禅はその想いに十分役立っている。そう思っています。だから、何か思っていることがあると万事がそこに収斂されてくる、集まってくるという、そういうのがあるんじゃないかな、人間には。例えば「このヤロー、このヤロー、このヤローツ」と思っていると相手が死んじまうということがあるんじゃないかなあ。これもアニミズムかも知れない(笑)。

佐佐木 これから、兜太さんを教祖にして、われわれが立禅の指導員になって、立禅三段、四段とかの免許を出して儲ければいい(笑)。

金子 幸綱さん、その教団の名前は「命永らえ教」だ(笑)。自然に永らえるという方法が何より大事だ。

佐佐木 無理はしないということが「命永らえ教」教団の教え(笑)。

金子 無理しちゃいかん、絶対いかん。人間として自然に永らえる。これが大切なんです。

佐佐木 立禅とは言葉ですね。特に固有名詞。立禅では頭の中で言葉が立ち上がる。繰り返し繰り返し言うことで言葉を立ち上げる訓練になる。言葉に対する反応が肉体化していくことになるんでしょうね。言葉は心の結晶だから、それを肉体化していくということになる。

金子 そのとおりです。今、あなたの言っておられるのは言霊を餮み締めるという感じだが、それが基本です。そこが大事なんです。

佐佐木 だから、本当は声に出したほうがいいのかも知れない。発音したり。しかし、心に残る方々の名前を毎日休まず全部唱えるということは大変な「行」ですね。

金子 うーん、声に出して電車の中でやるとコレだと思われる(笑)。

佐佐木 毎日、お経を唱える、あるいは神仏の名を唱える、あれと同じことですね。

金子 そう、あれだ。おっしゃるとおりです。佐賀の人で、朝日俳壇に長いこと投句していた人がいる。私と文通がありまして、私か「立禅というのをやっているけれど、なかなかよろしいですよ」と言ったら、彼は「自分は朝晩、観音経を唱える。それと同じことでしょう」と言ってましたね。この人は九十九歳で死んだが。

佐佐木 同じことだと思いますね。ただ、兜太さんのは読経の私家版で、多様性がありますね。ご自分の記憶、自分の人生そのものと重なっているから。個人的な立禅のほうが読経よりずっとインパクトが強い。
僕も三十人くらいから始めようかと、今、思い始めました。

金子 ああ、ぜひやってください。幸綱さん、歳もちょうどいいんじゃないかな。いや、これ、続けるといい意味の醍醐味がありますよ。

佐佐木 やはり初歩は二十人か三十人からしか始められないですね。

金子 そんなもんでいいですね。オレの場合も四、五人だったんだから、出発点は。これはお奨めだ。話しているうちにますます自信が出てきました。正直なところ、どこかで自信のない時期も実はあったんだけどね(笑)。




0 件のコメント:

コメントを投稿