2019年10月5日

DVD 『天地悠々』兜太・俳句の一本道

 金子兜太のDVD 『天地悠々』兜太・俳句の一本道が発売になった。ただ、懐かしく夕べは泣いた。
このインタビューを終えて数時間後、意識不明となりそのまま亡くなった。
そして竹丸は先生の著「他界」を読み信じるようになった。
天上には亡くなった人たちが寄り添い私たちの来るのを待っていると言う。金子先生がまず逢いたいのは両親と妻の皆子さんだそうです。

 きっと天上で大句会が開かれ、海程先輩たちが集い侃々諤々だろうなと思うと可笑しくなる。金子先生の裁く句会に出てみたい。死は怖くないのです。


このインタビューを終えて数時間後、兜太さんは体調を崩し緊急入院されました。そのまま意識が戻ることがありませんでした。
■2018年2月20日 98歳の生涯を閉じる

 東西南北若々しき平和あれよかし   兜太

金子 それじゃ、若々しき平和とはどんなもんか、要するに、茹でたての馬鈴薯みたいなものでね、湯気が立ってて、果肉は非常にこう柔らかく、食べやすくてね、誰でも飛びつけると、いう風なそういう内容のものであればよいと。そういう風に思ってるってことです。そのことを言ったつもりだったんですがね、これ、ええ。

河邑 この俳句の言葉どおり取りますと、若々しき平和って書いてありますよ。この平和っていうのを、兜太さんがまさに若い世代に伝えていきたい言葉じゃないんでしょうか。今の平和を。

金子
平和ってのがいちばん基礎、基礎。基礎だと思いますね。だから、図々しい平和という風なものが基礎に無いと、本当の平和の時代なんていうのは無いんじゃないでしょうかね、ええ。図々しいっていう言い方が必要だと思いますね。

河邑 図々しいってどういう意味ですか?

金子 腹を据えて、びくともしないという、そういう集団、そういう人間たちの集まり。それが図々しい。腹を据えてびくともしない。


   人生は生きている期間流れている しかしどこか求めてることがある
 求めてることで強く自分を支えている 俺はただ流れているだけじゃないと


金子 あのー、自分の人生ってものは、生きている期間だけ流れてるんだ。しかしどっかで求めてることがあって、そうなってるんだと。逆に、求めてるってことを剌激して、さらに強く求めてると思って自分を支えてるんだと。俺はただ流れてるだけじゃないと。そういう弁証法を一種、自分の中で用意して、悠々と考えてるんだ。

『天地悠々』の欲しい方は、堀之内氏に申し込んで下さい。
4千円です。
メール  horitaku@ka2.so-net.ne.jp