2019年7月18日

句集『狐に礼』 三井絹枝




 三井絹枝さんが7月初めに亡くなったと知らせがありました。
 寒沢川にもご一緒に旅をしました。
 いつも、恥ずかしそうにしていた三井さん、
 柔らかい語るような表現に魅了されました。
 お悔やみ申し上げます


      自選10句

   小春日が流れてきます汲んでおこう

   月光と降る羽衣よわたしはだか

   蚊に刺され小さな水黽(あめんぼ)できました

   泪のよう大切にされ糸とんぼ

   すまないなあ冬菜のような涙出る

   あきらめのひゅう葡萄の木の匂う

   この川や夜の牡丹雪釣れます

   蝶老ゆるようすべらかな抱擁

   寒沢川(さぶさわがわ)夏一番星みつけた  

   狐に礼しみじみ顔のゆがみけり

著者略歴  三井絹枝(みつい・きぬえ)

1947年 長野県上諏訪に生まれ、三歳から東京に
1994年勝村茂美主宰「風景」を経て、「海程」入会、金子兜太に師事 
1996年 海程新人賞候補となり、同人に推挙される
2000年 海程例会大賞受賞
2005年 海程会賞受賞
現在 「海程」同人 「遊牧」同人
現代俳句協会会員