2019年6月22日

金子真土氏の「家族から見た金子兜太」



2018.6.22(金)金子兜太お別れの会の挨拶の抜粋

 本日は平日の昼頃ということで、皆様、いろいろな御用をお持ちだと思うのですが、父のためにここにお集まりいただきましたこと、まず、このことを最初に御礼を申し上げます。ありがとうございます。
  
 [家族から見た父]ということについて、少しだけお時間を戴きたいと思っております。先ほど、宮坂さんのほうから「存在者」という言葉が何度も父に与えられました。父がみずから、「存在者で、ありのままに生きるんだ」と明言しましたのが2016年1月、朝日賞の授賞式の会場でございました。会場の皆さんは拍手をして歓迎をしてくださいました。ただ、家族としてはちょっと複雑な思いでその宣言を聞いたことを覚えております。

 ご案内のように父は体が丈夫で、父の母親は百四歳まで生きたということもありまして、「自分はあと十年は生きるんだ」ということも申しておりました。その父が「ありのままに生きるんだ」という宣言を皆さんの前でしたときに、これから先、どんな付き合い
方を父とするのかなというのが、世話をする立場の人間として考えざるを得なかった場面でございました。
 私なりに、父の言う[存在者]とはどんなものだろうか、ということを折りに触れて考えてみたのですが、キ-になることは二つかなと思っております。
 
 一つは、先ほど宮坂さんがあっしゃったような戦争体験です。父は工員さんを束ねておりましたが、その人たちは日常においては気に入らない相手はすぐに刺す、あるいは男色の若い青年を奪い合ってヶンカをする、あるいは人殺しが起こる。そういうことを平気でやる人たちだった。ただ、その人たちが手榴弾の実験で即死をした仲間をみんなで担いで病院まで連れて行く。父は一緒に走っていたわけですが、その姿を大変美しいと感じたと言っておりました。