2019年6月15日

1『金子兜太戦後俳句日記』

写真は蛭田有一氏提供

『金子兜太戦後俳句日記』をアップします。
著作権者の、金子真土氏に了解を得ています。


昭和32年1月2日(水)雨 (昭和37年1月から記録されています。)
奥田こうきの遺した俳句を五十句選び、「奥田こうきの手紙」十九枚を書く。

1月5日(土)晴
夜、七兎と女の子。それから六林男、林徹子来る。「現代俳句」を楠本の手で再刊するとか。波郷が顧問。とか。

1月7日(月)曇
休む。岡井隆の歌集「斉唱」の書評を書くが、どうも意に満たない。短いものなのに書けぬとは残念。清潔な、ややアカデミックな歌。観念について! !‥

1月9日(水)睛
「行友」で少年の書評をしてくれる。中島斌雄が「俳句」で小生の句について晝いてくれる。双方共に好意的。