2019年6月7日

句集『共鳴り』小野 功



著者略歴
1939年10月14日(昭和14年)千葉県野田市生まれ
2009年 NHK学園「初めての俳句講座受講、「俳句実作講座受講
2011年 読売文化センター柏俳句教室にて、塩野谷仁氏に師事
     現代俳句協会会員
2012年 「遊牧」同人
2014年 千葉県現代俳句協会幹事
2016年 千葉県俳句作家協会会員

自選12句
懐の刃磨いて雲の峰
十六夜に男階段踏み外す
白さざんか指の先から冷めてくる
潮けむり室戸岬の春慈光
風車まわり過ぎれば嫌われる
しばらくは等身大の春に座す
荷風ならきっと手にしたこぼれ萩
墨染の冬の結界永平寺
共鳴りの滅ぶことなき寒北斗
春愁の阿修羅眉間にある敵意
盟友は今も盟友沈丁花
菜の花のてっぺんを摘み不眠症

2019年6月4日

句集『水脈のかたち』黒澤雅代(くろさわ・まさよ)


著者略歴・黒澤雅代(くろさわ・まさよ)
1940年(昭和15年)東京生まれ
1998年(平成10年)カルチャースクール俳句講座受講
2002年(平成14年)「遊牧」同人
2015年(平成27年)カルチャースクール退会
遊牧」同人・現代俳句協会会員・千葉俳句作家協会会員
 
自 選 十 句

十月の赤牛閂はいらぬ

やわらかき銃弾であり冬鷆

安房上総麦が熟れるどいう日なり

麦秋の肩の重さを午後という

のうまくさんまんだ晩秋に梵字

墨痕に烈しさ一枚は秋思

日の暮れは木の実に戻る木の実独楽

父性とは梟の鳴く距離であり

水鳥の飛んできそうな日暮の部屋

オリオンの加わっている指定席

2019年6月3日

金子兜太戦後俳句日記

 
白水社 定価9000+税
解説「兜太の戦争体験」 長谷川 櫂

 金子兜太は61年間、ほぼ毎日、日記をつけていた。逝去後、18冊の3年日記と8冊の単年日記、計26冊の日記帳が遺された。
この『金子兜太戦後俳句日記』全三巻は日記原本を俳句関係の記述を中心に約三分の一にまとめたものである。

一人の俳人の壮年時代から老年期をへて殼晩年にまで及ぶ壮大な記録である。兜太の『日記』は日本の日記文学の血脈に連なるものだが、注目すべきは61年という長きにわたっていることである。

 日記の書かれた時代は戦後の昭和と平成、二つの時代にまたがる。そして昭和を生きた兜太と平成を生きた兜太は明らかに印象が異なる。単に年齢を重ねただけのものではない。

2019年6月2日

句集『全景』塩野谷 仁(しおのや じん)


著者略歴 塩野谷 仁 
昭和14年(1939)栃木県生まれ。
昭和37年「海程」創刊とともに、金子兜太に師事。第18回「海程賞」受賞。
平成11年「遊牧」創刊代表。
平成19年 第62回現代俳句協会賞受賞。
句集 『円環』『塩野谷仁句集』『独唱楽譜』『東炎』『荒髪』
評論集
兜太往還』
共著 『現代の俳人一〇一』など
現在 「遊牧」代表、「海程」同人。現代俳句協会幹事・研修部長。

  
自選十二句

  太古より雨は降りいて昼蛍


  夏あざみ鳥あつまるを河口という


  昼星の落つ音あらん大枯野


  水のつづきに水のある御慶かな


  あるだけの灯の点されて四月馬鹿


  地続きに落日もあり韮雑炊


  地球から水はこぼれず桜騒


  確実に階段は果つ天の川


  紅茸を蹴り夭折に遅れおり


  一月の全景として鴎二羽


  眠りには泥も炎(ほ)もある小豆粥


  風景のどまん中よりさくら散る