2019年5月11日

「小林一茶」 旅人や野ニさして行流れ苗

文政句帖・文政5年-8年 (1822-1825) 60歳-63歳

旅人や野二さして行流れ苗

 流れた苗を拾って、田に挿してゆく。その人の影が水田に映りながら
遠ざかった。旅人でる。流れ苗にもこころが寄るのだろう。

 文政5年、一茶60歳の作。『文政句帖』は、句日記としては最後の
もので、[荒凡夫のごとき、59年が問、闇きよりくらきに迷ひて、云
云]と冒頭に書きつけてはいるかそれなりの成熟もある。『享和句帖』
(41歳)を中心に展開した一茶の感性的資質が、七番日記、八番日記
あたりで揉みに揉まれて、やっとここにきて、なんとない熟成をあらわ
すのだが、熟成即ち衰弱ともなる。この句帖の後段はかなりの老衰を感
じさせる。しかし「荒凡夫」の生と表現は、そういうものであって、円
熟などというものとは縁遠いところに魅力があるのだ。

 ところで、この句だが、同時期、「夏山やどこを目当に呼子鳥」という句が別にあって前書がある。それによると、隣国越後に選明という人がいて、自分を訪ねるといって出掛
けたのだが、行衛がわからなくなってしまった。そのため、その子が探しに出て、自分のところに尋ねてきたというもの。夏山の重なりを分け、越えて、父を探ナ子、また、その
重畳の山なみのどこをうろついているのかわからないその父の流浪-それが一茶のなかにずっと残ったのではないだろうかい北国街道をゆく旅人は多い。一茶は、あの人が、その父ではないか、と普段以上に気を使っていたのだろう。


 「流れ苗」は一茶らしいことばで、自分の来し方への漂泊のおもいのなかから生れたことばにちがいない。それがさらに、目前の旅人の姿とも重なり、ますます鮮やかな具象ともなる。青青と流れてゆく早苗を、つと拾い、無造作に押してゆく旅人もまた、青い田面のなかのものだ。早苗はとどめ、自分はながれてゆく。

 早苗は、苗代から田へ移し植えるころの稲の苗で、初夏の季題。旧植のとき、早乙女の
手ににぎられているあれだ。「流れ苗」は、そのとき流れたものだろう。早苗に準じて、
初夏の季題ということになる。


死下手とそしらば誹れ夕巨燵

「死に下手」とは何んだ。おれのことを早く死ねばいいとおもっているんだな。そうはゆかないぞ。(日暮れどきの炬燵に、ひとりいる老一茶)

 文政5年作。山国の日暮れどきの炬燵はわびしい。そこに、じっといて、あれこれと神
経的な意識反芻をおこない、来し方行く末を思いめぐらしているのだ。「やがて焼く身と
は思へど更衣」とか、「極楽に行かぬ果報やことし酒」という句があったし、「人誹る会が立つなり冬能」という句もある。余命こころ細いが、さりとて死にたくはない。しかし
死ぬときの覚悟も固めねばなるまい。いやだなあ、わびしいなあ、という気持だろう。

 そこへもってきて、一茶のことを[死に下手]で、だらだら生きて恥を曝している、と 
陰口をたたくやつがいるのだ。なにもすることがない冬籠のときなど、集っては人の悪口
ばかり作りあげている。一茶は前の年、またまた二男石太郎を失い、この年には三男金三
郎を得た。60歳の子である。世間の噂の種にはもってこいの材料だ。それに、一茶の身
体の病毒の心配がある。自分自身が不安におもっていることだけに、その噂はこたえる。

 あれやこれや、むかむかしてくる。そんなときにできた句だろう。したがって、格別、
居直りなどという格好のいいものではない。言いたければ言え、というていどの投げやり
なものなのだ。だから、神経がすこしおさまると、炬燵の齢を指先で叩きながら、ひとり、歌じみたものを唄いもする。

  何諷ふ巨儒の縁をたたきっつ


けし提て喧嘩の中を通りけり

芥子と喧嘩は信濃のはな、でもないが、まこと殺風景な喧嘩のなかをまかり通る。芥子の花のあだなうつくしさよ。

 文政8年、63歳の作。同時期、別に「けし提て群集の中を通りけり」を作っているが「群集」というような意味ありげなことばは、一茶の好みではない。「喧嘩」という、力行の硬質なひびきと、なによりも、このぶっきらぼうな庶民的語感を好んだに違いない。力行音といったが、[けし]も力行、これと「喧嘩」のひびき合いがよいのだ。畳語や繰りかえしの好きな一茶の音感は、こんなところにもあらわれる。

 周知のとおり、蕪村に「葱買て枯木の中を帰りけり」かおる。葱の青と枯木色の対照を讃める人が多いが、私は葱のスーツとした視覚と触覚が、枯木のなかをゆく感じ――その
洗錬された心理的感覚を読むべきだとおもう。一茶にも、この句が頭にあったのではなか
ろうか。そして意識して、芥子と喧嘩をぶっけることによって、洗錬された心理風景に対
して、荒い生臭い心理を演出したのではないだろうか。ともかく、二人の作風の相違が見えておもしろい句だ。
 そして、一茶の気分の若さをかいたい、この前年、第二番目の奥さんを離縁し(第一日の菊は煎剛年死亡)、この翌年、第三番目の奥さん・やを(32歳)と結婚する。結婚を暮しの方便とばかりはいえまい。なお彼の若さがあったのだ。



0 件のコメント:

コメントを投稿