2018年2月18日

句集『月の巣』矢野千代子(やの ちよこ)


著者略歴
昭和10年 秋田県、鳥海山麓生まれ
昭和21年 田沢湖移住
昭和30年 西東三鬼に師事「断崖」入会
昭和32年 「断崖」同人
昭和37年 金子兜太に師事「海程」入会
昭和39年 「海程」同人
昭和42年 角館、・刈和野を経て、能代へ移住
現在    「海程」同人「合歓」同人「しらかみ」代表
発行所    ふらんす堂 2450円+税

金子兜太序文より〈抜粋〉

武藤鉦二の名を私が初めてきいたのは、西東三鬼からだった。三鬼晩年の句集『変身』の昭和三十三〈1958〉年に、「男鹿半島と八郎潟」と題した一連があるが、そのときの出会いだったようだ。三鬼は東北に旅した話をし、秋田で「武藤鉦二という好い青年」にあってきた、と妙に感〈かん〉を込めた口調で呟いたのである。誰も武藤鉦二を識る人はいなかったから話はそのままに過ぎてしまったのだが、私には三鬼の感〈かん〉を込めた物言いととも鉦二の名が残ってしまった。・・・・・・・

   白魚啜る音して干潟のろうそく
   白魚啜って親父の貧乏ゆすりかな

 前の句は村井由武への追悼句である。白魚を啜って父を想うあたりには、あるいは三鬼への回想が込められていたのかもしれない。



   餓えは遠い記憶抱けば藁あたたか
   盆の山坂蛇横切れば湯気立ちて
   愛撫して百叩きして畦塗れり
   花ひとすじ白神山地越えゆけり
   出羽三日月どれも破れて桃袋
       悼 野呂田 稔
   詩人も流人も草木するなかにおり
   花かたかご授乳のしぐさして母よ
   逃散記すかんぽ折ればぽかんと空

 鉦二の初期から中期にかけての作品から抄出したわけだが、いま述べた岩と土の重層する暗部の粘り強さとともに、善意でユーモアに富む明るい資質が十分に諧謔を賞味させてくれることが貴重と思う。

双方の特徴が融け合って溢れ出す感性の厚さ、たとえば、愛妻を対象にとらえての作品にも、その特徴は如実。

     晩い娶りへ車中へ転がる牛乳瓶
     嫁菜きざんで山鳩を喚〈よ〉ぶ朝の妻
     妻の背泳ぎ日本海照るぞ弾けるぞ
     桃林にて入浴のかたちせり吾妹

 この特徴は、五七調最短定型ともよく馴染んで、形象と韻律を粘り強くつくり出すとともに、いつもどこかに諧謔の味を染み込ませている。粘っこい句姿が、いつも軽快な物言いを湛えている、といってもよい。

ここ数年の鉦二の俳句は、その融合の調べに円熟味が加わって、本格の域に達しつつあるようにおもえる。諧謔含みの乾いた具象感が「奥羽山脈のどてっ腹に過ごしたわが半生」〈鉦二自身の詞〉を韻〈ひび〉かせている、といいかえることもできよう。
いくつかを挙げて、この文を終わりたい。

    半島の二の腕のあたり昼寝せり
    男鹿半島に足かけて鱈捌きけり
    男鹿島や石に泥塗って雨乞い
    石あれば墓なり津軽谷空木〈がざ〉の花
    稲藁焼三日三晩は村にいる


    鷹ノ巣という盆地なりだまこ餅

0 件のコメント:

コメントを投稿