2018年2月18日

句集『箪笥』若者京子 (わかもり きょうこ)


帯より     金子 兜太   

「紬の京子」と俳句仲間から言われている。
着物好き、そして箪笥好き。 
畳のさっぱりした箪笥の部屋に坐って、     
この人の感性は更に豊潤。
 
雛流し耳殻にはるかなる怒濤
透明ないのちの分母かたつわり
一汁一菜みのむしの愛吹かれて
ふくしまや虹を観念的に画く
授乳の汀しずかに被曝の波寄せる
耳鳴りや古野に巣作りの気配
浮島現象アンニュイな日向ぼこ
霾や阿弥陀のてのひらは荒野
七十路絽にも紗にも添い遂げよう
寒鯉や箪笥の底に澱むもの



 著者略歴

若森京子(わかもり・きょうこ)
昭和12年 京城にて生まる
昭和44年「水鳥」入会。新鋭賞受賞
昭和50年「渦」入会
昭和52年「花」入会
昭和53年「海程」入会
昭和58年 第1句集『繍』上梓
昭和60年 第21回海程賞受賞
平成元年 第2句集『山繭』上梓
平成2年「船団」入会
平成3年「花」100号記念。花賞受賞
平成9年 第3句集『藍游』上梓
平成14年 第4句集『韓藍』上梓
     さつき賞受賞(三田市文化賞)
平成21年 第5句集『藍衣』上梓
     兵庫県芸術文化団体「半どんの会」受賞
現  在「海程」同人。「船団」会員
     現代俳句協会関西地区副会長
     兵庫県俳句協会理事
     三田俳句協会会長
     三田市文化協会副会長

きさらぎや地には尻餅ほとけの座
六畳のまぼろしのはは鶴帰る
そめいよしの石の胎内は透けて
諏訪はつなつ御柱野鼠と鎮もれり   (諏訪大会)
白底翳あの夕顔のひらきしまま
秋二日おんおん雑念は瓢の実   (比叡勉強会)
鞍馬一泊山の雫のこころかな
麩屋町の旅の寝息も火消壺
髪濡れしまま眠る獅子座流星群
着ぶくれて膝の綻び国淡し
人情(こころ)よきかな鵲の巣の高さ
魚類画集みるみる少年に潮満ちて
青鷺がきて湾は書庫のくらさ (日本海伊根の旅)
旅ぷるるん私の鎖骨あらせいとう
若夏や万有引力の音さまざま
伊賀越の青玉を背に負いかたつむり (伊勢志摩大会 蓑虫庵に寄る) 
夏風邪や雲中菩薩のやや淫ら  (平等院)
露草の瑠璃こぼさずに利夫逝く  (立岩利夫追悼) 
秋繭や僧の祈りの肺活量  (比叡山)
李太白集なみだもろきは野分かな
野の凹み母か野兎にまた会える
鼬ふりむく不確かな国のかたち
凍蝶一頭朝日の中でQと泣く  (高橋たねを氏逝く)
瓦礫の中にも瓢の実がたましい (3.11東日本大震災 祈り)
八月の稿一字一字や汚染され  (〃)
糸遊に指から入り加齢の日 (誕生日)
五月滴り被曝時計は刻きざむ  (広島大会)
半身はびるしゃな仏や月と寝る (広島大会)
魯迅一編すすきのにはぐれたり
父の書庫ひげ濃きものに自然薯
母の遺せし無患子(むくろじ) の実と桐箪笥
彌生夕闇こつんと魂魄にふれる
金星が近づき父の日も近づく
友焼いた夕べ春泥を落とす (友 正子さんの死)
父の部屋解体のとき波の音
初冨司や阿修羅のごとく今生を
素魚(しらうお)り喉ごしはあおき浄土
芯のこし燃え尽きし卯月弟よ   (末弟の死)
あだし野やもう唇は蛍袋   (あだし野)
喪があけてまだ透明なかたつむり
水洟の夫婦この星に棲む他なし

 あどがき

 『繍』『山繭』『藍游』『韓藍』『藍衣』を上梓して五年目の第六句集『箪笥』です。
 この五年間は、未曾有の東日本大震災もあり、愛する弟を亡くし、身近な友人、俳人達との永別があり精神的に悲嘆の連続でしたが、唯々祈り、鎮魂の情を言葉で紡ぐばかりでした。

 もう句集は最後と思っていましたのに、歳月は流れ喜寿を迎えました(父の他界した年です)。丁度脚の具合が悪く二ヶ月間外出を控えていました時、「文學の森」の方の後押しのお蔭で、怪我の功名で生まれた句集です。

 「海程」に入会して間もなく、吉野大会で私の拙句〈夕月も箪笥も葛の葉にのりて〉が兜太選に入り最高点になり、今は亡き橋閒石先生から思わぬ賛辞のハガキを頂き大変感激した若き日の忘れられない想い出です。

 母が桐箪笥を丸洗いした時、これはお嫁に持って来て以来、玄海灘を往復し、又大水害に遭っても寸分の漏れもなかったと、八十九歳で亡くなる迄大切にしておりました。私には母と共に箪笥には特別の思い入れがあります。

 その題字と帯文を、現代俳句の第一人者である九十四歳の金子兜太先生に書いて頂き最高の喜寿の出版となりました。来し方の豊かな歩みは、先生の弟子であり、「海程」人として、又内外の沢山のすばらしい友人との出逢い、そして理解ある家族のお蔭と感謝するばかりです。

 これからも今迄の絆を大切に、鎮魂の情を深めつつ、一日を大切に生きていきたいと思います。 この度の刊行に際しまして「文學の森」の皆様に心より御礼申し上げます。
              平成二十六年 初夏   若森京子

0 件のコメント:

コメントを投稿