2018年2月18日

句集『荒髪』 塩野谷仁(しおのや じん)


塩野谷 仁  
昭和14年 栃木県生まれ
昭和37年 「海程」創刊と共に入会
昭和54年 「第三回花賞」受賞
昭和58年 「第十八回海程賞」受賞
平成11年 同人誌「遊牧」を仲間と共に発行
句集 「円環」「塩野谷仁句集」「独唱楽譜」「東炎」
現代俳句協会幹事
よみうり文化センター柏俳句教室講師

 金子兜太序文より  

  豪雨特急うねるとき白鷺を見た
  赤松残雪快眠はごうとくる
  正座ときに放浪であり曼珠沙華
  冬ざくら剛球は落日が受ける
  粥は吹くもの裸木は水の向こうに
  梅咲いて猫背がちなるわれは飛脚
  げんげ咲き胸底という長い廊下
  六月とは遠くの牛の傾きなり
  冬の雨救急車とは何たる純
  青鬼灯文明という自転車過ぐ

  好きな作品を十句にしぼつて書き抜いてみて、筋肉質で脂つこい影像形成 を独特なものと再認識している。塩野谷仁は現在只今の自分に執して、俳句 という最短定型に、その自分が獲得した影像を書きこむ営みをつづけてきた。

 現在の自己表現を軸とし、敢えて伝統を口にしない。  しかし、それにもかかわらず、私はこの人の俳句の一つ一つに季語が色濃くは たらいているいることに興味を覚えている。
とくに季語わ活かすという考えではなく、日本語のなかの、日常生活のなかで用いる一語として活用している、ということであろうか。(文芸色のつよい季語を遣うことがほとんどないのもそのためとおもうが) 季節感の溶けこんだ事物が、この人の体質に合っているのかもしれない。
 
  まるで落書き真冬日の列車は

  いまも揺れてあり石蹴りのまひるは

  ゆすらうめ内気なものに落日あり

  秋情(あきこごろ)鉛筆で書く馬迅くて

  すで寒星鉄棒の一人が濃くて

  生家濃し茶の花はまた雨の花

  あじさい咲いて東京地方流星なし

  青かりん落日なら掌で受けられる

  本閉じれば充分な熱青松かさ

  梅林にて龍のやわらかきを飼えり

  栗咲いて一途な煮炊きあり扉(と)のあり

  冬鴎身を出ぬものをけむりという

  桃の花断じて目ひらきいても遊

  稲の花棒立ち睡る男あらん

  忘我とは冬霧の尾ののぼるすべて

  睡りには泥も炎(ほ)もある小豆粥

  冬霧の奥に水満つ侠気かな

0 件のコメント:

コメントを投稿