2018年2月18日

句集『蛍』 柳 ヒフミ


日本全国俳人新書  定価1500円+税
著者略歴      昭和19年 東京に生る
          昭和41年「短詩」に投稿
          昭和55年「桐」へ投句
          平成9年「海程」へ投句、現在に至る
          現代俳句協会会員

序   雨
雨のネオン 石畳 少女の感傷もうあるまい
秩父の山に住んだ片足は帰らず
コオロギの声と私の時間が重なっています
春に別れ 一枝をたおし 一枝をたおし
今日も私を食べる 決して愛さない人の列
闇に坐って 沈黙を守る それだけが仕事のように
空虚な花が開くことなくまた垂れていく昼下り
碧遙とした空に憧れる私の孤独よ

風吹く
竜胆の触れたき色も遠退けり
石榴弾け見えざる世界あるを見る
若菜摘み蜥蜴の眠り妨げり
戦さ知らぬ体の中に弾痕
秋の陽をこなごなにして舟はしる
冬木立一葉蝶の呼吸して
オリオンの真下に少年は老いず
小食の母へ点滴灌仏会



壺の中
虹かかる薄ぼんやりと父母の仲
秋の陽は骨の空洞透かすかな
椿吸う鳥の眼の硝子色
独活食めば父の膝から見た世来る
言い掛けて呑んだ無念に遠花火
揚羽蝶頼りなき世を通り過ぎ
桐一葉ふと懐かしき音と逢い
海鼠切る海がぼあっと押し寄せた


いちどきに牡丹いちどきに無言に
麦秋や咽に痞えし故郷かな
菜殻燃えるまだ暮れ残る地平線
憂鬱もこれまでと笑え牛蛙
雑々と日本雑然と亜細亜夏
生い立ちを報せず蛍漂いて
湾内に浮遊するもの秋気配
秋独り置いた眼鏡が凝視する

0 件のコメント:

コメントを投稿