2018年2月17日

句集『藍衣』若森京子(わかもり・きょうこ)


 
著者略歴   若森京子(わかもり・きょうこ)
  昭和12年 京城にて生まる
  昭和44年 「水鳥」入会。新樹賞。新鋭賞受賞
  昭和50年 「渦」入会
  昭和52年 「花」入会
  昭和53年 「海程」入会
  昭和58年 第1句集『繍』上梓
  昭和60年 第21回海程賞受賞
  平成元年 第2句集『山繭』上梓
  平成2年  「船団」入会
  平成3年  「花」100号記念。花賞受賞
  平成9年  第3句集『藍瀞』上梓
  平成14年 第4句集『韓藍』上梓
  現  在  「海程」同人。「船団」会員
         現代俳句協会関西地区理事
         兵庫県俳句協会理事
         「半どんの会」会員
         三田市俳句協会会長
         三田市文化協会常任理事


 金子兜太(帯より)  
 若森京子の俳句は、独特の<感覚の艶>と言いたい。生々しい感覚世界が 支えている。
この火とならでは、女性ならでわといいかえてもよい。別のいいかたをすれば、感受の生を徹底して労り、思考の筋目の一本でも付けることを避けて、その逆に、 感受の奥に迫って いく、その直かの掘り込みのエメルギーが確保する生々しい感覚世界といってもよかろう。


   自選十句
  ふいの眼にふいの加齢や晩白柚


  みちのくは青し船箪笥と老いる


  ふらんすちりめん唯一の落し文


  風の峠ペン差したままの羽繕い


  一筆は一艘のゆれ旅の終り


  うたたねの私に岩波文庫の瀬


  和国晴天なり弓なりに冬籠る


  僧三人自然薯という厄介なもの


  脱稿や花野に柔らかい落馬


  白ふくろう胎蔵まんだら灯されて



  来し方
  第一句集「繍」ぬいとり
  髪熱くなるやきしきし萱の家
  ブランコ捩れひかり粗衣粗食

   第二句集「山繭」
  山いっぱいに泪の猿いる 昔も
  ねんねこの藍おちるとき鶴紀行

   第三句集「藍游」らんゆう
   十和田湖大会
  奥羽強情ことごとく青し眠し
  蘭の気配に六人は蘭のことば

   第四句集「韓藍」からあい
  花の暗峠(くらがり)六人は溶けて候
  西行やわたしいちもんめの加齢
  
 旅ゆく母  平成十四年~十六年
  平成の葦船がくる泪する
  腑ににおちぬ柔らかきかな冬菜
  雑炊や右の腋から晴れてくる
  自然薯のほどけほどけて自然派

   京城訪れる 二句
  春暁や朝鮮箪笥キシキシ鳴る
  耳鳴りのつづくわたしの京城繊月
   秩父大会 二句
  霊山や日ぐれ朴の葉に乗りて
  大滝村の思惟とといふべし大蟻くる
  蛍追いし郷(さと) の白波ふたつ越え
  蛍消えごはんの白さばかりの峡

   比叡山勉強会 二句
  空蝉を拾いし漏電かと思った
  寝返りの僧よ水際の竈馬
  晩(おそ)き餉のひびきよ黄鶲のあとから
  父の外套うらがえせば朴の葉

   母の死 三句
  こみ上げる母の喉(のんど)よ玉椿
  寒木瓜よ母は最後の爪切られ
  母は屍ああ木漏れ陽の春蘭
   
  奈良 二句
  白木蓮スカートまつわりし大和
  みほとけやおっと尻餅ふうの坂

   伊良湖大会 二句
  はつなつの旅籠や液晶体なりし
  田原に入りてとうすみ蜻蛉となりぬ
  涙(なだ) そうそう蓑虫は家の容(なり)
  自然(じねん)より剛球もらう土佐文旦
  春の蛇ははの刺繍は途中なり
  黙読や月の匂ひの消えるまで
  葛布(くずふ)よりかるき質感の齢かさね
   平成十七年~十八年
  確とペン胼胝(だこ)うたたねの葦舟よ
  白榻どろのき日常からの舌打ち

   松山・今治大会 二句
  子規の顎(あぎと)ごくんと立夏シャイなのです
  甲冑や四十燭光のかたつむり

   四万十川  二句
  木蝋あり生唾をのむ一夏
  いま青羽根です四万十小学校

   湯川礼子逝く 三句
  真葛野に髪もつれしか礼子逝く
  輩(ともがら)よ石榴は熟れて嗚咽かな
  水無月や礼子揺籃の字のごとく
  アジアざらつく朝餉に浮かす青菜
  菠薐草からだは清流なりし古希
  春遊図通りぬければ涅槃絵図

   宮古島 二句

  草扉(くさとべら) ゆれては唐突なる家よ
  旅の寝息おおごまだらに合わせたし  (おおごまだら=蝶の種類)

   松島大会 二句
  北の夕餉ささやきのよう卯波寄す
  海猫(ごめ)と戯るいやに筋肉質だった
  藍あざやか 平成十九年~二十年
  私にトルファンうるむち蕪蒸
  春咳けばふた色襲(かさね)の祖国あり

   連作 さざなみ
  箒草そよぐアジアの星混じり
  白木蓮夜は帆をたたむ船着場
  おおむらさき本能にして繻子裂きぬ
  ハンモック齢(よわい)に触れし夢心地
  まいのいの水のうちさと旅鞄

   谷中 二句

  寺町をほつほつスカートに海ぼたる
  ねむし青し縄文弥生の旅つづく

   熊野古道 二句
  青山河あの歯ぎしりは樵る音
  牛馬童子かなしみのいろ沢蟹くる   (この一ヶ月後首盗まれる)
  




0 件のコメント:

コメントを投稿