2018年2月18日

句集『水時計』 山中 葛子 (やまなか かつこ)


著者略歴 山中 葛子
昭和12年千葉県市原市生まれ
昭和31年より同人誌「炎星」「黒」「俳句評論」を経て
昭和37年「海程」創刊同人。昭和47年「花」入会。
現在「海程」同人・現代俳句協会会員。
海程賞受賞・花賞受賞・
句集「魚の流れ」(昭和41年刊)  
  「縄の叙景」(昭和54年刊)  
  「山中葛子句集」(昭和58年刊)   
  「青葉天井」(昭和61年刊)  
  「球」(平成6年刊)

金子兜太序文より(抜粋) 

 山中葛子という人は面白い人である。私の付き合っていめ連衆には面白い人が
多いのだが葛子君は三役級である。したがって当然この人の俳句も面白い。
俳句は人を現すと、と私は確信している。
 数年前、私は隠岐島に旅した、そのときの葛子作に、たとえば次がある。

     神島やしずかにお月さま飛ばす
     隠岐時雨たちまち青色症候群

 なんとなく自由で愉快である。一風変わった趣向がこらされているが嫌味はない。
むしろ独特の興趣として賞味できる。その次の年、葛子君は、出羽の国最上川に
赴き松尾芭蕉が曽良とともに川下りの舟に乗った乗船の地本合海を訪ね、同じ
ように舟下りを体験した。
そのときの作品より二句を。

     最上舟歌のぼるしだれるしぐれるや
     こがねなる酒田さ行ぐこがねなる

 好い気なものである。「のぼるしだれる」とは何だ。「しぐれるや」を呼び
おこすための韻合わせぐらいのことかとおもうが、それでもなんだか、ほんのり
艶めいた韻律が伝わってくる。「こがね」の繰り返しも「行ぐさ」の方言も、
やりすぎともいえ、この趣向嬉しともいえる。
 
 母が平成九年に他界し、義母をその翌年に亡くした。そのときの葛子俳句が
六句ずつこの句集に入っているがこの人らしい作品なので抄記してみた。

           母永眠
      葬の旗深空にあるよ思い葉よ
      母の骨蕾でありし喉仏
            義母永眠
      さようなら眉より細い春の月
      菊花石しずもる水のきさらぎや

 やわらかく明るい心情が静かに哀しみを伝える。と同時に母のときには
「白帆というあねさん被りの野辺送り」と少しおどけた趣向が顔をだす。
義母のときは、さすがに趣向抑制気味ではあるが「すみれ草しずかな仏たち
登場」とどこかで面白い人の地が疼いている。

 地(じ)といったが、この人の丘陵状の大地の感触の、土の香のある感性が
なんといっても作品の土台を支えていることを見落とすことはできない。この
人の生まれ育った上総の風土といおうか。
 句集の後半になると、その感性と抒情は波頭がさらに盛り上がってくる。
趣向の綾は波のなかに包みこまれてゆく。私の好きな作品のいくつかを下記に。

      春意かもひねもす船体過ぎゆけり
      耳鳴りのさるとりいばら茨かな
      スカートの遊悲はためく薄暑かな
      老骨なり山牛蒡真っ赤な葉
      春無限わたくしを野道と思う
      ちどりちどり利根川ふっと海に入る
      悲歌かもしれぬ午後の金魚のくちびる
      水時計河骨の花になるまで
      外灯の金粉かなかなかなしいぞ
      ほぼ全開へ白朝顔の幽し

0 件のコメント:

コメントを投稿