2018年2月20日

句集「出雲驛站」董 振華(とう しんか)



著者紹介

中国山西省生まれ。北京人。北京第二外国語大学アジア、アフリカ語学部 日本語科卒業後、中日友好協会に就職。
平成八年から、金子兜太について俳句を学び始める。現在中日詩歌比較研究会会員。北京良寛研究会会員。「海程」同人。句集に「揺籃」「年軽的足跡」<青春の歩み>がある。

序に代えて    金子 兜太 

董振華の句集はこれで三冊目で、第一句集は日本の大学に留学中、第二句句集は留学が終わって帰国後、間もない時期のものだった。

今度の第三句句集は、そうした日本での学生生活の日常を土台としたものと違って、国際交流員として島根県に在住し、県や県内の自治体、商工団体企業が中国との経済交流をすすめてゆくための、さまざまな支援活動を一年間つづけた。その生活から産まれたもの。いわば多忙な実務活動を土台とした所産なのである。


 したがつて県庁所在地の松江に居住し県内各地、さらに故郷の中国各地に出向いている。作品はその土地土地の風物を題材として取れ入れ、そこで感応し思惟したことを書き込んでゆく。若い感性は活気とともに多感。旅愁にとらわれることも多く、それらを逆らわず表現している。

 董振華との付き合いは長いが、この青年が驚くほど早い時期に、日本語で俳句を書ようになり、その語感が美しく、内容の豊かなことに感心してきた。天性の詩才に恵まれてる証拠とも思うが、日本人のかなりの人に見受けられる修辞を必要以上に凝らして書く俳句よりはるかに平明で、魅力を覚える。中国人でなければ書けない俳句の新鮮さがある、
といってもよい。私の好きな句のいくつかを記しておく。

  春津和野近づけば鯉遠ざかり

  春耕や郷思細細と来れり

  春宍道湖観音の顔を真似ており

  風の谷夏きわまりて日の暮るる

  夏の旅重ねて黙りがちのわれ

  睡眠薬の彼方に居たり蛍たち

  秋灯一つ二つ消えゆく月照寺

  地平線より立冬の光澄みきる

  冬月のぼり血圧のぼる孤独かな

  嘘をつく弱さと雪と融けにけり



あとがき(抜粋)  董 振華

 昨年の四月から、私は国際交流として、島根県庁の商工企画課で中国との経済を始めとして各種交流ののための仕事をしています。

短い一年間の任期とは言え生活環境の変化や再度異文化との関わりなどが俳句創作の新しい源泉となりました。そして、一期一会とう諺の示しているように、島根での出会いを大切にしながら、俳句を日記の代替わりとし、人との自然とのふれあいに対する所見を詠んでみることにしました。今回まとめた句集も島根県で暮らしたこの一年間の所見所聞です。拙い自分ですが、今後とも遅遅とした歩みをしながら作句を続けていきたいと考えています。


0 件のコメント:

コメントを投稿