2018年2月18日

句集『かもめ』山中 葛子(やまなか かつこ)


略 歴 山中 葛子
昭和12年(1937)千葉県市原市生まれ。
昭和31年より同人誌「炎星」「黒」「俳句評論」を経て、
昭和37年「海程」創刊同人。「海程賞」受賞。
句集『魚の流れ』『縄の叙景』『山中葛子句集』
   『青葉天井』『球』『水時計』
現在「海程」同人 現代俳句協会会員 千葉日報俳壇選者

帯より 金子兜太

かもめは小生のなかの山中葛子の映像で
もある。房総の海と空を屈託なく飛び、
発想独特、且つさわやか。かもめより自
由とおもうこともあるくらいだ。


自選句

鳶の輪の絶対音感夕焼ける

白菜よときに相思鳥の呼吸

さしも草手紙書くとき妹であり

もうごはんまたごはん白さるすべり

妻だけの踏む暗がりや蚊帳吊草

藤五尺抽象にさしかかりしか

ロボットのつるつることば冬灯す

無欲という欲望のあり紫金牛

夕焼の古くてかわいい道に出た

鼠取りふたつ吊るして月の家

未来少少藤のむらさき本気なり

はっとふたりどきっと茸飯の夜


しなやかな引力ひねもす春鴎
臘梅が正座に変わりはじめたり
綿虫や故郷があり淋しいぞ
鬼やらい鬼の流し目にぶつかり
また一人減る野遊びの鍵音
稲妻走るとても大きな説明だ
田水湧くなんという静けさ
萩白しひとりのときの独りの誤差
ふわふわのにこにこのさるすべりかな
石だらけ枯蟷螂にみどりの目
水の春鴎しばらく液化して
目薬の一滴すっと冬すみれ
舌先はまだ眠りたい蛇である
梅雨の松島水狂言というべきか
しわくちゃな望郷でありぬ春の象
いろいろの雨男来る黴故郷
十一やしかしもうひと雨は来る
抱き起こす菊焦げそうで錆そうで
冬夕焼ゴリラの輪郭水っぽい
牛の子に春の筋肉そなわりし
白鷺をあつめてむむむ無月なり
かわほり来て書斎はアンドロメダ星雲
雲の囲やにんげんすうっといなくんる
真っ白ん霧を掴んでいる恐さ
黒牛を攫ってゆきし夏の雨
夕焼の古くてかわいい道に出た
眠るときヒロシマ・ナガサキ・カタツムリ
下総やしーんと葱の花浮いて
淋しめば瓦礫ふうっと蓬かな
海鳥の全部が消えて白鳥

0 件のコメント:

コメントを投稿