2018年9月23日

「海原」創刊号(9月号)


毎日新聞 2018/9/3掲載

酒井 佐忠

「海原」創刊号がが刊行された。金子兜太の俳誌「海程」
の後継誌である。「海程」が創刊されたときと同じように
主宰誌ではなく同人誌形式として出発する。

代表は安西篤、発行人・武田伸二、編集人・堀之内長一、
副編集人・宮崎斗士のメンバー。運営委員長には柳生
正名が決まり、兜太の遺志を受け継ぎつつポスト平成の
俳句に向けて新たな船出をする。

 「俳句形式への愛を基本とし、俳諧自由の精神に立
つこと」。「海原」の理念は「海程」創刊のときに兜
太が打ち出したものを受け継ぐ。安西代表は「創刊の
辞」の中で、「昭和世代から平成世代を中心とする世
代へと移行する時期を迎えます。私たちは、これから
『兜太以後』を担っていかなければなりません」と会
員の決意を促している。

生涯現役生涯少年舂の人 (安西篤)
梟鳴く夢の切れ目にわが兜太 (武田伸一)
のベテランの句。さらに、
青葉騒アンモナイトのデッサン画 (田中亜美)
少女うごけば髪ゆれる聖五月(月野ぽぽな)
老母ふと授乳の顔をして風鈴(宮崎斗士)
おだやかにしか一し多喜二の忌に逝けり(柳生正名)
など、中堅の旬の同人欄も拡充された。
 そういえば加藤楸邨の俳誌「寒雷」も7月号でつい
に終刊となった。ちなみに雑誌『兜太 TOTA』(藤
原書店・年2回刊)が9月25日創刊の予定だ。

           (文芸ジャーナリスト)

「海原」が船出しました。
お祝いを申し上げます。 管理人・竹丸



人気の投稿