2018年6月23日

金子兜太お別れの会・東京新聞より

東京新聞6月23日朝刊より・クリックすれば大きくなります


金子兜太お別れの会・各新聞より

【岳主宰宮坂静生氏追悼】

金子兜太さんしのび 約800人が献花

 2月に98歳で死去した俳人、金子兜太さんのお別れの会が22日、東京都千代田区の有楽町朝日ホールで開かれた。長年会長を務めた現代俳句協会や主宰誌「海程(かいてい)」など俳壇関係者をはじめ、親交のあった各界の約800人が献花し、豪放で温かな金子さんの人柄をしのんだ。

 発起人の宮坂静生・現代俳句協会特別顧問はお別れのあいさつのなかで「水脈(みお)の果て炎天の墓碑を置きて去る」「彎曲(わんきょく)し火傷し爆心地のマラソン」などの代表句を読み上げ、「南洋トラック島の戦場で倒れた青年たちから託された、反戦平和のために尽くす信念が、存在者・兜太に貫かれ、多くの人々に鮮明に記憶された。俳人の枠を超えて国民詩人と呼びたい」とたたえた。【井上卓弥】
毎日新聞2018年6月22日

2018年6月22日

森澄雄さんを悼む 金子兜太

夕べ、「2011ベストエッセイ」を読んでいたら、金子先生のエッセイがあった。畏友であった森氏を悼んだものだった。今日のお別れの会のふさわしいのでアップします。


 森澄雄は十五年前に脳出血で倒れてから、車椅子の生活をつづけてきたが、そのうちに
唸るような発声になった。今春から入退院を繰り返すようになってもへこたれない。眼は澄み、そして多作。

 〈虎落笛けふ美しき月の夜〉
   〈年守るわがしづごころ顧みる〉

2018年6月21日

金子兜太先生 お別れの会


金子兜太先生のお別れの会が明日です。
金子先生の魂もきっと会場に・・・・。
みんな、みんな待ってますよー。

1.日 時:平成30年6月22日(金)12 : 00~13 : 30
2.場 所:有楽町朝日ホール(千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11階)
3.形 式:無宗教による献花礼拝
4.喪 主:金子眞土氏(長男)
服装は、平服です。
喪主から香奠、供物、供花の類につきましては、固くご辞退申し上げます。 
問い合わせ先:現代俳句協会事務局(電話:03-3839-8190)
海程の同人・会友は堀之内まで  (電話:048 - 788-8380)

金子兜太略年譜

金子兜太略年譜  1.誕生から30歳

■1919 大正8年
9月23日(秋彼岸)、埼玉県小川町の母の実家で生まれる。育ったのは同県秩父盆地
皆野町の父の家。父元春(俳号・伊昔紅)、母はるの第一子。父は東亜同文書院校医として上海に在住。
上海むで父と
■1922 大正10 2歳
母とともに、上海の父のもとで四歳まで過ごす。妹・灯(てい)生まれる。
母と兜太

人気の投稿