2018年2月27日

「望郷」金子兜太



特別作品 金子兜太

昼月に黒点被曝の福島何処へ

草鳴りの語ありや草莽の人ありき

夕星に母らしき声の韻くよ

父母ありき老いて且つ生き父母ありき

秩父谷桜並木に猪遊ぶや

夏潮のみちのくの民孤化あるまじ

窓より覗く洒落たホテルの秋去る顔

熊谷や秩父の星影冬深く

奥秩父両神武甲冬の深さよ

片頰に冬日次第にしぼむ老い

2018年2月号 現代俳句協会 
https://www.gendaihaiku.gr.jp/journal/


人気の投稿