2017年12月24日

兜太のエッセー「日記買う」 

更級日記

 歳末は「日記を買う」ときであり、「日記果つ」のときでもある。終わった日記は「古日記」となる。また、新年の季語に「日記初 にっきはじめ」があって、これは買った日記帳に日記を書きはじめることで、このときの新しい日記帳を「初日記」という。

 これらの言葉はすべて季語として俳句歳時記に収録されているわけだが、当節、日記をつける人幾莫なりや、と思う。官庁や会社に勤めている人は 案外個人の日記を記すことが少ないのではないか、とも思う。十年前に私は銀行勤めを辞めているのだが、在職中の感じでも(まったく感じに止まるのだが)、日記をつけている人は少なかったようだ。なかには、日記などは未練がましい、と話していた人もいた。過ぎたことなんかどうでもよいではないか、という徹底した現実主義である。

 しかし、私はかれこれ三十年間日記をつけつづけているのである。ただし「三年連続日記」という怠け者向き日記帳だからあまり自慢にはならない。怠け者向きのせいか、この日記帳はよく売れているようで、三年目ごとに新しい日記帳を買うとき。いつも売り切れていて、しばらく待って取り寄せてもらっている。この種のメモ風のものなら、けっこう大勢の人がつけているのかもしれぬ。

人気の投稿