2017年12月10日

木曾のなあ木曾の炭馬並び糞(ま)る


北海道の道産馬、九州宮崎の御崎馬、そしてこの木曽馬が、日本古来の三大在来種です。現在開田高原では、木曽馬の里や木曽馬保存会が、貴重な存在になってしまった木曽馬の繁殖と保護活動をしています。



木曾のなあ木曾の炭馬並び糞(ま)     金子兜太      『少年』
             
池田 この「木曾のなあ」はねえ……。やられました。

金子 これが最後の句、兵隊に行く前の。大学は繰り上げ卒業で、一人旅をし
ひでをというのが名古屋にいて、そこに泊まって、それから木曾ヘー人で入って、帰ってきて、それから兵隊行ったんです。その時の句でしたね。

池田 その意味でも作者は忘れ難いですね。それが、もう見事にこれは兜太節。

金子 うん、そうなんだ。

池田 兜太節の完成がね、早いんですよね。

金子 うん、早い。

池田 ですから体がそうなんですね。きっとね。

金子 秩父音頭のような民謡ばかり聴いてきたというのがあるんでしょうなあ。

池田 ’木曾のなあ‘とこれ持ってこられたのがとても癪です。この詠み方、もう
誰も出米ないじゃないですか。

金子 できないでしょうなあ。これは自慢なんですねえ。ちょうど冬なのにも
かかわらず広場で木曾節やってたんです。私も行ってみたんです。翌朝、駅に
向かってたら、だーっと並んでた。これから仕事に行くっていうんでね、ふーっ
とやってたんです。これは実景です。「炭馬」つていって炭を運ぶ馬。その頃は
山で炭を作って、それを馬で運んでた。それを「炭馬」つていうんです。

池田 足の短い丈夫な馬が目に浮かびます。

金子 丈夫な馬です。木曾の馬で。俺の句を、生涯にわたって一句だけ褒めた
男がいる。褒めたのはこの一句だけ。

池田 この一句だけと言えば、山本健吉ですね。

金子 そう山本健吉が、唯一この句だけ褒めた。