2017年9月30日

兜太の語る俳人たち「佐藤鬼房」


佐藤鬼房の俳句

 鬼房は、第一句集『名もなき日夜』を1951昭和26六年に出し、その4年後に第二句集『夜の崖』を出している。年齢にして32と36歳のとき。鬼房の初期句集はこの二冊に集約されていると見てよい。

 私は処女句集を出して間もない鬼房と福島市で出会っている。銀行勤めで福島の支店にいた私の阿武隈川べりの家に、京阪の俳句仲間に会っての帰り、鬼房はぶらりと立ち寄ったのである。炬燵を囲んで一晩をすごし、かれは熊のようにのそのそと塩竈(宮城県)の自分の家に帰っていった。まったく熊のように重く、どこか鬱屈を蓄えた後ろ姿が、いまでも目に浮かぶ。

      切株があり愚直の斧があり
      きりかぶが ありぐちょくの おのがあり
の鬼房をおもっていた。


人気の投稿