2017年4月5日

荒川ふるさと館に兜太句碑が建立

3月21日(火曜)、荒川ふるさと文化館で、俳人・金子兜太の句碑除幕式が
行われました。


式典では、西川太一郎(にしかわ・たいいちろう)荒川区長から「今日は、荒川区における俳句振興のシンボルとなる金子兜太先生の句碑の除幕は、荒川区にとって忘れられない日になると思います。」と話がありました。

 金子兜太氏からは「荒川区は様々な句碑があり、俳句に関係が深い地域です。私も荒川区や日暮里の本行寺の住職との関係が深いこともあり、区とのかかわりが大変楽しいです。これからもお付き合いをお願いします」とあいさつがありました。

 金子氏が「奥の細道旅立ちの地」荒川区南千住をテーマで、松尾芭蕉主従への想い詠んだ句碑の除幕がありました。

荒川千住芭蕉主従に花の春 兜太
あらかわせんじゅ ばしょうしじゅうに はなのはる
https://www.city.arakawa.tokyo.jp/smph/kusei/koho/hodohappyo/20170321.html



人気の投稿