2017年3月1日

『熊猫荘俳話』金子兜太

飯塚書店  [1987年12月]2000円
帯より
とにかく現代俳句は難しいと言われる。誰にも分かる俳句目指して
五七五を基本に季語の能動的活用具体性と生活感を大切にする現代
俳句創造の示す対談集。
目次
熊猫荘俳話
1 古きものに現代を生かす
2 五・七・五の韻律こそ俳句の「実」
3 土くささと新しい喩
4 感覚を通して意味へ
5 季語と具体性について
6 具体的なものの強さ
7 日常と非日常
8 成熟ということ――肉体の思想化
入門篇・好作鑑賞

「感性時代の俳句塾」金子兜太

 
1988刊 集英社文庫 320E

目次
第1章 時代の息づかいをきく言葉の海へ
第2章 俳句世界のへの出版
第3章 先人たちの道しるべ 芭蕉から一茶へ
第4章 韻文り時代に生きる物たちへ


2017年2月26日

「兜太詩話」 金子兜太

飯塚書店1984年刊 1600円

 上信越国境I妙高・黒姫山麓を歩くI
 この冬I白鳥を見るI 11
 白い犬 18
 霧と虚子と芋銭と 23
 季 節―兜太墨謫I 31
1984年 飯塚書店1600円
エッセーや俳句時評をまとめたものです。
目次
秩 父
 村のはなし、猪話し、私とお医者さま、命美し、詠歌二つ
 茂吉と夕暮の秩父の歌、秩父風土考――将門伝説のこと
  あすへの話題、好きなようにやれ、河 豚、あすへの話題
詩 話
 緑の終り、俗を用ゆ――俳諧のもつおもしろさ、露の村 
 体・秘境的1毛呂鴆句集『白飛脚』に関わってI 143
 現代短歌感傷、幸綱の「現場」、中原中也詩鑑賞、肉体 
 俳句時評
 俳句時評1、俳句時評2
エッセイ
 音に先立つ形、ことばを磨く、自己表現と俳諧、
 子規「写生」の二面、虚子の客観-形式性と抒情
 あとがき 263
 初出一覧 264
 

人気の投稿