2020年9月9日

金子兜太の出版資料 

2020.9.9「金子兜太の出版資料」更新しました。
今日は、重陽の節句で「高きに登る」という日でもあります。
金子先生は、「高きに登る」という季語がお好きだった。 管理人竹丸

金子兜太略年譜リンク 詳しい略歴はリンク先へ


金子兜太追悼特集
兜太 tohta  VO11 VO12  藤原書店 
 
2018.9刊 1800+税

【創刊の辞】
創刊のことば  黒田杏子(編集主幹)/筑紫磐井(編集長)
創刊に寄せて――編集顧問のことば  瀬戸内寂聴/ドナルド・キーン/
芳賀徹/藤原作弥

【兜太の句、兜太のことば】
辞 世 コメント=黒田杏子
「なぜ戦争はなくならないのか」

【兜太レクイエム】
追悼 十二句
有馬朗人/安西篤/稲畑汀子/宇多喜代子/大串章/後藤比奈夫/高野ムツオ/
鷹羽狩行/中村和弘/深見けん二/星野椿/宮坂静生
兜太哀悼  佐佐木幸綱
金子兜太さんを悼む  関悦史/長谷川櫂/宮坂静生/金子眞土/黒田杏子
兜太追悼歌仙 爆心地の巻  連衆=宮坂静生・黒田杏花(杏子)・長谷川櫂〈捌〉

〈特集〉一九一九 私が俳句
金子兜太氏 生インタビュー(1)
〈聞き手〉黒田杏子 井口時男 坂本宮尾 筑紫磐井 藤原良雄

【兜太と時代】
誰にも見えなかった近・現代俳句史――虚子の時代と兜太の時代 筑紫磐井
三本のマッチ――前衛・兜太  井口時男
〈コラム〉大花火  下重暁子
     日銀と金子兜太  藤原作弥
     兜太さんの背中  澤地久枝

【兜太と先人たち】
詞に寄せて――伊昔紅、そして兜太  橋本榮治
兜太と草田男――共感と反撥と  横澤放川
まつろはぬ民の血――楸邨・兜太の原郷  中嶋鬼谷
兜太と珊太郎――月光仮面のように  坂本宮尾
〈コラム〉火星と国王と野糞  高山れおな
     春を吐く兜太先生  夏井いつき
     金子兜太氏が訴えた危機  窪島誠一郎

【兜太と世界】
海外における金子兜太の俳句について  
アビゲール・フリードマン(中野利子訳)
世界を魅了する「俳諧自由」[兜太と一茶、「俳句弾圧不忘の碑」、
そして兜太の国際性……]  マブソン青眼
TOTAL――紛争と国境を越えて[アンネ・フランク・ハウス財団
『兜太三十六句十二カ国語訳プロジェクト』]  伊東 乾
“存在”ひとすじに――金子兜太の生涯  宮崎斗士




2019.3刊 1800+税

「私自身、存在者として徹底した生き方をしたい。存在者のために生涯を
捧げたいと思っています」
(金子兜太) ――昨年98歳で他界した俳人・金子兜太の「現役大往生」の
秘訣とは?
〈編集主幹〉黒田杏子 〈編集長〉筑紫磐井 〈名誉顧問〉金子兜太
〈編集委員〉 井口時男/坂本宮尾/橋本榮治/横澤放川/藤原良雄
〈編集顧問〉瀬戸内寂聴/ドナルド・キーン/芳賀徹/藤原作弥
〈執 筆〉 小泉武夫/夏井いつき/下重暁子/上野千鶴子/宮坂静生
/いとうせいこう/河邑厚徳/マブソン青眼/細谷亮太 ほか
兜太をめぐる人々(2)

「海程544号」2018年7月 終刊号



海程終刊の辞 海程会会長 安西篤

 海程を金了兜太先生の追悼号で終わるのも、奇しき因縁と言わざるを得ない。
 思えば海程の歴史は55年半の長きにわたり、そのはとんどの時間を金子
兜太先生の指導のもとに過ごすことを得だのは、まさに好運なことであった。
私たちは現代最高の俳人の指導を受けてきたのである。その幸せを師の残され
たものを生かすことによって、今後につなげて行きたい。またそうでなければ、
まことにもったいない話である。

 海程は終わっても、払たちの俳句への愛といのちは残っている。56年の
歴史はかりそめのものではない。その歴史を生かすべく、今海程は、後継誌
「海原」に向かって再起動しようとしている。力の源は五十六年の歴史の中で
培われているはずだ。

 すでに本誌二、三月号において、「海原」の理念について申し述べている。
理念の柱は二点である。繰り返しておこう。
 第一に、最短定型という詩形式への愛がある。第二に、その愛の表現には、
一人一人の自由な個性が発揮さるべきである。ここには「俳諧自由」の基本型が
あり、それは「海程」から「海原」へと引き継がれる理念となるものであろう。
このことを再確認しておきたい。

 さらに前回の「潮騒遠近」でも指摘したように、先生は「肉体は消えても
いのちは死なない。他界してあの世に移っていくだけ」といわれた。私たちは
海程の仲間との絆を確かめ合うことで、先生の実在=その魂の存在を感じ
取ることができる。「海原」の出発は、まさにその自覚とともにあると受け
止めておきたい。

 先生は、何をしても虚しいときは、よく寝て、体を動かし仲間と語り合えと
もいわれた。「海原」の出発のためにも心と体を動かしてみよう。そしてこれ
までの生き方をこれからにっなげる生き方にしていきたい。自分自身の生き方を
これからにつなげるために、海程の絆をあらためて自覚して「海原」へと
つなぎ、共に生きて行こうではないか。



俳句あるふぁ 2018年春号

自選12句鑑賞 海程編集長 武田伸一
宮坂静生 兜太の宇宙・あきらの宇宙
黒田杏子 「存在者」への長い道程
芳賀徹 「土のデモン」茂吉と兜太
武田伸一 「海程」と金子兜太 (別ページにアップしています)
小川軽舟 「いのち」「大地」「水」の俳句
石寒太 「寒雷」時代の金子兜太
マブソン青眼 金子兜太に惹かれて「俳句弾圧不忘の碑」建立まで
田中亜美 これからの「金子兜太」
金子兜太インタビュー  人間存在と俳句 石寒太
金子兜太句集後記 (※各句集にアップしていますのでご参考に)




大宅壮一文庫・雑誌関係  (資料取り寄せ可)
 http://www.oya-bunko.or.jp/Default.aspx?TabId=611



2018年4月号『月刊俳句界』
  
特集 巨星墜つ! 
哀悼 金子兜太 
追悼文 稲畑汀子 宇多喜代子 高野ムツオ 有馬朗人 他



2018年5月 『俳句』特集 追悼 金子兜太



■兜太アルバム▼秘蔵インタビュー
▼絶筆9句+兜太の本音 
追悼エッセイ
高野ムツオ・梯 久美子・深見けん二・半藤一利・黒田杏子・宮坂静生・
桜井洋子(元NHKアナウンサー)・いとうせいこう・小林恭二・後藤比奈夫・
柿本多映・有馬朗人・大串 章・宇佐美貴子(元朝日新聞記者)
▼追悼座談会 これからも兜太と生きていく
安西 篤×宇多喜代子×佐佐木幸綱
▼『日常』以後の100句抄 安西 篤=選・解説
▼全46名による追悼句+おくる言葉
金子兜太最後の9句

別冊付録 「金子兜太読本」



『少年』「生長」100句選・解説………対馬康子
『金子兜太句集』100句選・解説………対馬康子
『蜿蜿』100句選・解説…………………関悦史
『暗緑地誌』100句選・解説……・・・宮崎斗士
『早春展墓』「狡童」100句選・解説……小川軽舟
『旅次抄録』100句選・解説………………橋本榮治
『遊牧集』『猪羊集』100句選・解説……秋尾敏
『詩經同風』『黄』100句選・解説………神野紗希
『皆之』100句選・解説……………………神野紗希
『両神』100句選・解説……………………渡辺誠一郎
『東国抄』100句選・解説…………………坪内稔典
『日常』100句選・解説……………………序本尚毅

抄録「造型俳句六章」
抄録「往復書簡・現代俳句の問題」(金子兜太/中村草川男)
再録「土がたわれは」
抄録「一茶覚」
再録「熊猫荘寸」
再録「戰よある」
再録「生きもの諷詠」
抄録「座談会俳句の古さ新しさ」[飯田龍太×金子兜太×森澄雄]
抄録「特別座談会土の匂いのする俳人加藤楸邨」
(金子兜太×川崎展宏×平井照敏×佐佐木幸綱)
金子兜太論
俳句は構成である………………………………横澤放川
一茶-他者への回路……………………………坪内稔典
ふたりごころへの離陸…………………………筑紫磐井
意思を継ぐもの 小野豊  中内亮玄  高柳克宏

2018年6月号『俳壇』
追悼・澪の果てはるかに 金子兜太
100人が読む金子兜太





WEB 俳句通信 №89 1000円 (株)ウエッブ



特集〈金子兜太という表現者〉
金子兜太――最近作20句・旧作50句
安西 篤「金子兜太俳句の歩みを辿る」
池田澄子 F金子兜太の優しさ」
今井 聖「兜太作品に和する掌篇・小説「ワタヌキ」」
岸本尚毅「兜太の句を読む〈季〉の観点から」
田中亜美「戦争と青春一金子兜太「少年」序論」
筑紫磐丼「新しい詩学のはじまり(一)一兜太造型論の未来」
対馬康子「発語力ヽら造型へ」
冨田拓也「理想主義の熱量」
西池冬扇「青い鮫と狼
      ~金子兜太氏の代表作品の「イメージ」について」
坊城俊樹[兜太の肉体アニミズム]
柳生正名 「最短定型詩」であること
 
金子兜太最近作20句
青春の十五年戦争の狐火
集団自衛へ餓鬼のごとしよ濡れそぼつ
満作咲き猪(しし)の道ゆく人の声
わが海市古き佳き友のちらほら
わが友よ春の嵐に子犬拾う
人という生きもの駅伝の自ら息
白寿過ぎねば長寿にあらず初山河
被曝福島狐花捨子花咲くよ
覗く樹間に白曼珠沙華ふと居たり
白曼珠沙華白猫も居るぞ
わが面(つら)と曇天嫌いの彼彼岸花 
人の暮しに川蟹の谷蛇渡る
牽強付会の改憲国会春落葉
里山の野に蟹棲むと童唄
雲巨大なりところ天啜る
姨捨は緑のなかに翁の影
緑渓に己が愚とあり死なぬ
朝蝉よ若者逝きて何んの国ぞ
暑し鴉よ被曝フクシマの山野


存在者 金子兜太」黒田杏子=編著 藤原書店 
 
“存在者”であること、平和であること。2015年度朝日賞を受賞し、激戦地
トラック島にあって、ありありと“存在者”であった戦友たちを語った俳句界の
最長老、金子兜太。来るべき白寿を目前にして、権力に決して侵されない生
(=平和)を守るために今なお精力的に活動を続ける、超長寿・現役俳句
人生の秘訣とは何か? 
俳人・黒田杏子の手によって明らかに!

2017年3月刊 定価: 3,024円


「いま兜太は金子兜太・青木健編
2016.12月刊岩波書店 本体1,700円+税

俳句生活80年.世代を超えて人びとを惹きつける金子兜太の世界に,
多様な角度から迫る.自選108句と自解



語る兜太」     岩波書店  2014年刊

聞き手・黒田杏子さんによる著者紹介/著者略歴/
1.秩父に生まれて
2.自由人への道
3.出征と福音
4.俳句専念
5.「海程」を砦に
6.生き物感覚を磨く
7.心ひかれた人々
8.国民文芸を地球上の人々とともに
9.俳句とともに生きる (275ページ)





「わたしの骨格自由人」蛭田有一氏&金子兜太

NHK出販 2013年11月刊 
写真家の蛭田有一氏の質問に答える金子兜太
<金子家の人々><わたしだけの健康法><自然死でコロ往生が一番>
<オレは最後の自由人>など人間観、人生観を重いのままに語った一書


池田澄子 ふらんす堂 2000+税
池田澄子が金子兜太の句を100句選び金子兜太と
対談しながら鑑賞しています。



「語る」金子兜太 佐々木幸綱  
藤原書店 2010年6月刊2400E
黒田杏子編・最高の俳句短歌入門・二人の巨匠が一晩かけて語り明かした
貴重な対話禄
1 俳句 短歌の魅力
2 アニミズムと人間
3 俳句の底力 短歌の底力



DVD 「生きもの」金子兜太 2009年 紀伊國屋書店 
金子先生が自ら俳句感と来し方を語っています。




「金子兜太の世界」角川出版 2009年 1800+税

俳句界の人々が語る金子兜太
○金子兜太の世界 2009.9.10角川学芸出版 
巻頭随想・大西巨人・岡井隆・桶谷秀樹・黒田杏子・白石かずこ・ 永田和宏
金子兜太論・坪内捻典・筑紫盤井・仁平勝・高山れおな座談会・宇田喜代子・
佐々木幸綱・安西篤・五島高資私の兜太掌論・有馬朗人・池田澄子・大串章・
鍵和田ゆう子・小檜山繁子・渋谷道友岡子郷・西村和子・長谷川櫂、金子兜太
俳句鑑賞・柳生正名・水野真由美・内野修・塩野谷仁・岸本尚毅・小野祐三
宮坂静生私の兜太印象記・井川博年・岩田正・河野裕子・栗本京子・小池光・
高野公彦・藤原作弥三浦雅士・八木忠栄金子兜太の軌跡・佐々木靖章・秋尾敏・
酒井弘司・田中亜美・森田緑郎・矢羽勝幸・櫂未知子金子兜太をめぐる人々・
今井聖・横澤放川・飛高隆夫・武田伸一金子兜太の風土・高野ムツオ・和田悟郎・寺井谷子・堀之内長一金子兜太との出会い・石寒太・小澤實・佐高信・清水哲夫
鳥居真理子・中原道夫鳴戸奈奈・廣瀬直人・吉行和子意中の兜太俳句・伊藤淳子・稲畑廣太郎・北原志満子・神野沙希高柳克弘・佃悦夫・林桂、三村純也・
山中葛子・四ツ谷龍句集 『少年』 『東国抄』 完全再録



『わが戦後俳句史』金子兜太
岩波書店 [1985年12月]2014年6月重版
朝はじまる海へ突っ込む鴎の死」-銀行員勤めをしながら俳句専念の人生を
生きるべく腹をくくったときにできた句。
眼前の神戸港の光景に珊瑚の海で果てた零戦搭乗員の姿が重なる。前衛俳句
運動の旗手として戦後の俳壇に一大旋風をまきおこし、今も第一線で活躍する
著者が、敗戦を出発点として、独自の詩的世界を作りあげていく課程を語る。



金子兜太」 安西篤 海程新社
(管理人にメールで連絡すれば著者に取り継ぎます・在庫あり)



金子兜太」 牧ひでお (絶版)



 「龍太・兜太・狩行」成井恵子


金子兜太の100句を詠む
酒井弘司  平成16年 飯塚書店 1886+税




兜太」塩野谷 仁 邑書林 平成19年 3150円
海程同人塩野谷仁が見つめた兜太の俳論と生き方です



○俳句研究 昭和44年5月 現代俳句の諸問題
 対談/大岡信、金子兜太、森澄雄、高柳重信

○俳句研究 昭和45年4月 対談・伝統と前衛「交点を探る」
石原透、川名大、田川飛旅子、福田甲子雄、 宮津昭彦、進行/金子兜太

○永田書房 「金子兜太論」昭和50年3月 牧ひでを 定価1700円
情感の地誌、俳句への道、戦中の頃、組織活動その背景、同世代作家の作品鑑賞、現代俳句における 第三の革新、象徴造形への展開、戦後俳句の完結

○俳句研究 昭和50年5月号 特集金子兜太
 伝統と現代/兜太、言葉と日常/平井照敏、兜太俳句のもつ山影の詩情/
 福田子雄、金子兜太 の俳句/堀葦男、私にとって金子兜太とは何か/阿部完市、
 金子兜太掌論/飯島晴子、存在と渇望/大橋嶺夫、白い滑走路で/折笠美秋/ 金子兜太の俳句/ 佐藤鬼房、悲の足音/林田紀音夫、金子兜太自選200句

○俳句研究 昭和52年8月号 戦後俳句10句選 阿部完市、小川双々子、林田紀音夫、安井浩司他

○端渓社 鴎の海ー兜太百句抄  昭和52年  大岡頌司

○俳句研究 昭和63年6月号座談会「俳句の風雅と猥雑」飯田龍太、金子兜太、森澄雄、尾形仂


○海程句集 昭和57年7月号「海程創刊20周年アンソロジー」海程合 同句集刊行「海程20年」金子兜太

○俳句 昭和45年8月号所載「土がたわれは」金子兜太

○海程 昭和52年5月まで5回に渡って掲載。加島広一「戦後俳句の流れ」酒井弘司「主体表現への軌跡」 星永文夫「口ごもる饒舌」、仲上隆夫「意味俳句の孤立の狭間にて」

○「俳句」8月号「金子兜太特集」

○現代詩手帖 昭和48年10月号所載「日常で書く」。 朝日新聞 昭和49年9月6日所載「衆の詩」詩形一本」昭和49年11月永田書房刊に収載。

○東京新聞 昭和57年8月12日「現代俳句とは」塩野記者。
毎日新聞 
昭和57年8月14日「今日から明日へ」 阿部完市 図書新聞 
昭和57年8月14日
「圧巻、高井有一、佐佐木幸綱、北川徹」原満三寿等。

○東京新聞 昭和57年9月16日「ことばと現代俳句」
金子兜太俳句研究6月号「特集・金子兜太集」

○海程 昭和58年8.9月号(195号)座談会「最短詩形の現代
」金子兜太、阿部完市、桜井英一、塩野谷仁、原満三寿

○海程 昭和59年2.3月号(200号)「言語表現の根っこ」
岩田正、岩間芳樹、吉野弘、金子兜太、阿部完市

○海程 昭和59年12月号「全国同人総会報告」若森京子

○海程 昭和60年10月号。対談「海程の方向」金子兜太、阿部完市

○朝日カルチャー叢書『わたしの古典発掘』昭和59年9月光村図書刊収載
「詩経国風」

○俳句 昭和60年9月号「金子兜太『詩経国風』特集所載座談会
「俳句のありよう」飯田龍太、金子兜太、藤田湘子、 岡井隆

○朝日文庫現代俳句のシリーズ『金子兜太・高柳重信』
昭和59年5月刊収載「金子兜太」序文・桶谷秀昭

○朝日選書 山田慶児著『混沌の海ー中国思想の構造』
昭和57年6月朝日新聞社刊

○海程 昭和62年 2.3月号編集後記

○沖積社「現代俳人論」  酒井弘司 昭和63年  
金子兜太論(他の俳人論も有り)3500円
金子兜太の二十代作品、兜太の樅、金子兜太ノート、
現代俳句における俳諧性

○海程新社(電話0568-22-0073) 平成4年刊
 安西篤著『秀句の条件』

○海程新社(電話0568-22-0073) 海のみちのり(評論集)
平成4年 金子兜太論稿/ 平明で重いものを、縦深思考、衆の詩、衆の詩ふたたび、叙情について、実について、情と俳諧、古きよきものに現代を生かす

○東京四季出版 「さあ現代俳句へ」宗左近 平成2年 定価1800円
 俳人ではない俳人/金子兜太・対馬康子(掲載の一部です)

○風媒社(052-331-0008)「定型論争」飯島耕一定価1900円
 金子兜太との往復書簡(掲載は一部です)

○海程 平成4年12月30周年記念号「現代・滑稽と挨拶」
 「海のみちのり」海程発行 海程史

○春陽堂俳句文庫 平成5年1月号刊所載、「わが俳句を語る」
金子兜太・村上護

○平成8年日本経済新聞「私の履歴書」連載

○海程 平成9年7月号所載「21世紀における俳句の土」
安西篤論文に於いて「感の昂揚」こそ俳句の土と書いているが
これは金子兜太の海程15周年大会講演「叙情について」を
踏まえたもの。

○海程新社(0568-22-0073)
わたくしの秀句散歩/成井惠子 定価3000円

○俳句あるふぁ 平成10年年4・5月号 金子兜太の世界 
燃える。金子兜太50句、人間・金子兜太、金子兜太、年表、
本で読む金子兜太のベストセレクト。

○平成12年4月 現代俳句の変革者たち「龍太・兜太・狩行」
成井惠子北瞑社2500E
(後書きより・狩行は数詞の叙情、龍太は不変の燻し銀の流れ、
兜太は造形論)

○金子兜太 海程新社 平成13年5月刊 安西篤著 
(兜太の歩みが描かれています)
定価3000円(在庫はあり・欲しい方は管理人までメールを)

第1部 原郷と現体験の風景・山影情念、金子家の周辺、
俳句以前から 俳句へ、トラック島、死者にむくいる生へ

第2部 戦後俳句の展開・抒情ではなく抒情を、朝はじまる、
造形俳句 華麗な墓原、海程創刊、前衛の流れで社会性
への逆波

第3部 衆の詩へのみちのり・平明で思いもの、定住漂白、
物と言葉を めぐって、衆の詩へ、叙情と実

第4部 古きよきものに現代を生かす・流れゆくものの俳諧、
俳諧自由 を主宰する、言語空間への挑戦、古きよきものに
現代を生かす、天人合一

○講談社  百人一句 大岡信 平成13年 定価1800円(税別) 
 無季の部/谷に鯉もみ合う夜の歓喜かな  兜太

○俳句 平成14年6月号 金子兜太蛇笏賞受賞/句集「東国抄」
50句掲載
○証言・昭和の俳句(上巻) 平成14年 角川選書
 金子兜太[聞き手・黒田杏子]
定価1700円   (掲載は一部です)

○金子兜太の100句を読む 平成16年  飯塚書店刊 
酒井弘司 定価1886E(税別)

○本阿弥書店 昭和の名句集を読む 宗田安正 定価2700E
 昭和の俳人たちの句集を「俳壇」に連載したものに加筆。
 『金子兜太句集』社会性俳句・前衛俳句のリーダー(掲載は一部です)

○三田文学 平成16年冬季号・76号 金子兜太 私の文学/金子兜太 
  [聞き手]田中和生
  身体のゲリラ 夏石番矢 、闘うべきは 西村和子


○金子兜太養生訓・黒田杏子 白水社 定価(本体1800+税)
 須藤徹(図書新聞掲載2005年11月18日)紹介文掲載

○「兜太往還」塩野谷 仁 邑書林 平成19年刊 定価3,150円
1.造型論など 2.叙情と叙情 3.態度について 4.季語の周辺 
5.新具象のことなど 6.定住漂泊 7.原郷感について 8.実のこと 
9.空間と伝統 10.情(ふたりこごろ)と俳諧自由 11.衆の詩について
12.平明で思いものを 13.「土がた」われは 14.産土のことなど
15.最短定型について 16.俳諧について17.狼について

○読売新聞連載「時代の証言者」執筆 永井一顕氏
要約2009.2.25~3.31

0 件のコメント:

コメントを投稿