2017年1月8日

『現代俳句の鑑賞』四季出版 

 

『現代俳句の鑑賞』四季出版 1998年1月刊3619E

 俳句は現在、未曾有のブームといわれ、さまざまな作品が輩出しているが、その俳句観は、大きく分けて「有季定型」と「定型」の二つが軸になっているとみてよい。
 「有季定型」の俳句観は、高濱虚子が1910年代に確立したものであり、「定型」一本の考えは、1930年代に活気を呈した新興俳句運動を通じて明らかになってきた。今日、「有季定型」の俳句を「伝統俳句」とする誤解があるようだが、これは虚子の俳句観に基づくものであって、正しい伝統俳句とはいえない。むしろ「伝承俳句」と呼ぶべきものである。このことをまず、はっきり承知しておきたい。

 その中で、「五・七・五字(音)の定型」(最短定型といえる)を俳句の基本とする点は、合意が得られているとみていい。とはいえ、1910年代から1940年代にかけて盛んだった 「自由律俳句」への関心はとみに衰えてはいるものの、自由書きへの指向がなくなってしまったわけではない。それというのも、俳句は口語で書くべきものという考え、あるいは口語書きでないと書く気になれない、という気分が根強いからである。前者は「口語俳句」の一派を形成し、五・七・五字(音)に対しては、拒否とはいわないまでも無視の傾向にあるから、勢い自由な一行書きに向かう。

一方気分組は、後述する「新俳句」のように、五・七・五字(音)糺衍どして楽しみつつ、口語書きによる変化をこだわりなく取り入れている。ここから「新定型」が生まれる可能性もないとはいえないだろう。


 ところで、「有季定型」の俳句観について、虚子のいうところは、「十七字、季題趣味の二大約束」に、「客観写生」と「花鳥諷詠」の主張を加えたものだ。すなわち、俳句は、「季題を主題として詠ずる詩」で、「客観写生の耐」を磨く必要がある。そのときの基本姿勢が「花鳥諷詠」で、春夏秋冬の四時の移りと、それに伴う人間界の現象を諷詠する姿勢である、というもの。

  白牡丹といふといへども紅ほのか  高濱虚子

 「有季定型」の代表句といっていい。「白牡丹」という季題が主題であり、それを気持を込めて諷詠する。諷詠するとは、客観写生の技をフルに発揮することと重なる。

 「有季定型」を信奉する俳人のなかには、現代人の複雑な意識、感覚そして思考をよむことも本旨ではなく、あくまでも主題は季題にあると考えている大は多い。そのため、次の句のように亡き妻を想うときも、季題「龍の玉」の働きを、主題とおもえるほどに重莪することとなる。

  妻にやるわれのわれの涙や龍の玉  森 澄雄

 しかし。時代とともに主題は動き且つひろがってゆく。虚子門の水原秋櫻子と山口誓子が、主観の十分な介入をもとめ、社会的題材の拡充を探って、虚子から離れたのは、その現れだった。ここから「新興俳句運動」がはじまる。第二次大戦後の「戦後俳句」は「社会性」を主題とし、いわゆる「前衛俳句」にまですすんだ。そして、1960年頃を境に、「有季定型」の旗がふたたび高くかかげられることになったが、依然として、主題の動き且つひろがることを止めることはできない。

 1995年冬の阪神大震災は、犠牲者五千四百余人を出す大惨事となったが、被災者の俳句の主題はいうまでもなく災禍の現実そのものであり、叩きつけるように、叫ぶように書いている作品もたくさんあった。

  神戸何処へゆきし神戸は厳寒なり  堀口千穂子

 作者は神戸の大。専門俳人でもなんでもない、一人の日常生活者である。普段なら季題を主題に「有季定型」の俳句を作っていた大かもしれない。しかし、惨禍いたればそれに直面して、痛恨の作を叩きつける。表現とはこうしたものといえよう。

  大震災傍観者の性が哀し  志村康子

 作者は甲府の人―被災者の痛みに対してヽどこかで傍観している自分。その心情を拭い切れない自分を憎む言葉が「哀し」となる。それをはっきり書きとめることが、主題だった。誠実な心情は季語を忘れてヽひたすら書いてしまったのだ。つまり、「無季」の俳句が、なんのこだわりもなくここに生まれていたのである。

  ふるさとは隣の山同士尊敬す  新宮譲

 「無季」の俳句の誕生は、志村句のような切実な内的体験からも得られるが、この新宮句のように、天然(自然とはその有りのままの状態)と直接に触れ合い、生命(いのち)の交感といえるほどの熱い交感を得たときにもあり得る。〈隣の山同士尊敬す〉の共感のなかに季節は要らない。「山」でよいのだ。

 「定型」があれば想いが書ける。季題がなく、「花鳥諷詠」でなくても書ける、ということなのである。この傾向はヽ最近大きな盛り上がりをみせている「新俳句」と称せられる作品のなみにもみることができる。

    ごろねした幸せそうなちちがいる    宅崎美喜
 しんぞうがぼくよりさきに走ってる      奥川光徳

 2句とも少年少攵の作だが、いかにも楽しげに。感じたまま思ったままを定型で書いている。その発語の自然さは、からだのなかにしみ込んでいる定型感覚とみてもよいほどだ。

 「新俳句」の特徴をあげると、一つには、口語書きが多く、ことに少年少女はほとんど口語、おとなたちは日常会話語とでもいうべき文・口語混りの「現代語」で書くことが多い。しかし、五・七・五字(音)をこよなき言葉の器(形)と受けとっている点で共通している。二つ目は、「無季」「有季」にこだわらない、ということ。とくに少年少女になると、次のような「有季」の定型句でも、主題としての季題などという受けとり方はまったくなく、ましてや「花鳥諷詠」の姿勢とは違った、天然への直接性が見受けられる。「無季的」といってもよい。

  たけのこよぼくもとれるぞこのギブス  はだかみようへい
  りんごかむ囗いっぱいに大音響          乾正一郎

「新俳句」の特徴は、五・七・五字(音)を自由気軽に駆使していることで、気軽すぎて作品としての重さが足りないといえる反面、日常感覚や想像の軽快な展開には爽快感がある。これによって養われている少年少女の語感、おとなたちが得ている日常表現のエネルギーは軽視できない。
 このように大勢の人々に愛好され、大きなひろがりをもつ俳句が、新鮮な感覚のひらめきをみせ、お互いに読み合うもの同士の心情の通いを育てる一方で、より深く、高い内実を表現する作品も出てきている。

  月光の玉くだけちる寒ざくら      石原八束
  戦争と畳の上の団扇かな       三橋敏雄
  長生きの朧のなかの目玉かな     金子兜太

 これらは専門俳人の作品だけに、「定型」の機能を十分に駆使して、豊富な内実をもつ主題を表現し得ている。
 定型は韻律の音楽性とともに「型」といえる語群の緊張した結集を生み出す。その短さゆえに、できるかぎり余分を捨てる「省略」への努力があり、ときには余分までも「凝縮」してしまうこともある。音楽性は、音律(リズム)が語感と融けあって、韻(ライム)を醸成し、〈啣き〉といいたいほどの簡潔で力強い断定性を帯びた韻律を生む。
 そして、「型」と「韻き」の簡潔極まりない作品が生まれ、それが限りなく豊富な内実を湧出させている。「俳句は暗喩」までと言われるのは、そのためである。その内実な
世界をも包摂するこが可能なのだ。喩えていえば、「芥子粒に須弥山を入れる」ということ。仏教の世界観による世界の中心の壮大な高山をも最短定型は包容することができる
うことである。

 最後に、これからの俳句の内実を豊かにする上で、中世の文化資産である「誹諧」の世界が、 「定型」を補う大事な武器になることを指摘しおきたい。「誹諧」は、「挨拶」「滑稽」「即興」などいくつかの要素があり、その全体が俳句を肥やすことになるのだが、そのなかで「挨拶」について付言しておく。

 「挨拶」について芭蕉は、それまでの発句の、挨拶のための約束としての季題を、自然との交わりを深めるための手掛かりとしての季題にまで深めた。その認識を敷衍して、単に季語季題ばかりでなく、人間の営みのなかで見出した詩の言葉を、連衆の中で確認し合って共有資産にしてゆけば、俳句の内実はもっと厚くなるだろうし、表現の本当の自由も広がるにちがいない。

 それには、個のエゴイズムを抑制して他との調和が図れるだけの内部秩序がなければ、本当の自由は得られない。その自由の保証があってはじめて、未来性のある作品の伝達力が増し、定着性を深めてゆくのではないか。「挨拶」とは、まさに個のエゴイズムと他との調和を図るためのものであり、本当の自由を実現するための、定型の大事な補完武器として見直されるべきだろう。


0 件のコメント:

コメントを投稿