2017年2月23日

「ある庶民考」 金子兜太

 1977刊  合同出版  1300円

一茶覚え書き
私のなかの秩父事件
農民俳句史


「私のなかの秩父事件」の冒頭部分です

 私の育ちましたところは、皆野(埼玉県秩父郡)です。生まれたのは小川町(同県比企郡)で、そこに母の実家があって、そこで生まれて父親が皆野で医者を開業しましたので、連れてこられました。当時の皆野は、現在のように、過疎化した近隣の村を組みこんで大きくなった皆野町ではなくて、いわゆる皆野町皆野という狭い地域です。

そこで育ちましたとき、秩父事件の話を主として祖母と祖母の兄にあたる人(金子徳左衛捫といい、皆野竜門社の創立に関係しだ同名人の息子)からよくききました。

私の子供の頃、昭和の前期、一九二〇年代後半から一九三〇年代にかけて、よく話をききましたが、面白いことに、祖父と父親からは、ほとんどきいたことがなかったんです。それどころか、祖母や徳左衛門からきいたことを確認しようとすると、あまり色よい返事がないんです。むしろ、父親なんぞは、囗を縅して語らないところがありました。

 私のきいた祖母と徳左衛門の話は、秩父事件に参加した人の話ではなくて徳左衛門は被害者、祖母の場合はまったくの傍観者的な話でした。

いまにして思えば、祖母が傍観者的な話をするのは当然のことでありまして、当時は、秩父事件とはいわず、秩父暴動といっていました。
「チチプポウトウ」というのが正確な発音だともききますが、「チチブボウドウ」と濁音できいていました。参加した大たちは、暴徒でした。そういう概念で、そういう語りかたを要求されていた時期でありましだから、それ以外の語りかたがみとめられなかったわけで、祖母が、傍観者以上に踏みこんだ話ができなかったのは、当然のことでした。

 したがって、話の内容も、祖母の夫である祖父が、まだ十六七歳の頃、ほかの青年だちといっしょに、山越えで上州の馬庭(まにわ)まででかけて、馬庭念流の練習をしていて、祖父はなかなかの腕前だったということ。

秩父事件がおこったとき(明治十七年・一八八四年十一月)、つまり、秩父暴徒がきたときに、それをむかえうってたたかったというんですね。

ところが最初の一人は斬ったけれども、二番目の人に頭を斬られて昏倒しちゃったというんです。そんな話を、自慢話として、祖母の口からきいたわけです。その話のなかにも、たとえば、秩父大宮郷(現在の秩父市)の役人が頭を坊主にして逃げた、とか、事件後の追求が神経質で、皆野町の荒川をわたる栗谷瀬の渡しというのがあったんですが、渡舟をあやつる船頭にむかって、警官が、「お前はなにものだ」ときいた、「船頭だ」と答えたら、事件の煽動者とまちがえてしまって、いきなりつかまえた、といったエピソードも含まれていました。

そのなかでも、祖父昏倒の話が得意だったわけです。真偽のほどははっきりしませんが、祖父の右の額には、縦のかなり大きい傷あとがあったことは事実です。

 徳左衛門の話は、これはすべて被害者の話でした。襲われた高利貸の話ばかりで。手際よく山に逃げたもの、おかみさんの冷静な処置のこと、といった話です。

私はその話に興味をもって、中学四年生の時でしたか、聞き書のかたちで校友雑誌にだしたことがあります。そういう関心のもちかたをして、少青年期を育ったわけです。  
     
 私は、戦争中も戦後も、よその土地を歩きまして、郷里に帰ってくることはありませんでした。最近は熊谷に住んでいますが、なかなか帰ることはありません。ただ、そのなかで、離れておりますと、しだいに秩父事件が発酵してくるんですね。

小林一茶という北信濃出の農民が、江戸に十五歳のとき出ましたが、一茶にしても、やはり江戸暮しのなかで絶えず信濃を思いおこしています。

はなれますと、なつかしい。とくに私なんかの場合は、秩父への回想というかたちが、秩父の人々への回想なんです。
人によっては、天然、山河ということで、自分のふるさとが顧られることもありますが、私の場合は、秩父の人々、人間への回想というかたちで、ずっと、戦争中から戦後のいままでをすごしてきました。不思議に、私の場合は、秩父の山河への回想はすくない。たとえば、子どもの頃(私には五、六年前のことのようですが、すくなくとも四十年以上も前のこと)、秩父は貧しかったです。

医者の父親の働いている姿を通じてみて、医者も当時は現金収入には恵まれなかったが、それよりはるかに貧しい暮しをしている人がたくさんいて、その人たちのことが記憶にあります。
私の小学校の友だちなんかでも、優秀な人は、埼玉師範を出て学校の先生になるか、軍人(下士官)か、警察官かのいずれかでした。お金がかからないで一人前になれる、社会的にも納得のできる仕事を、ということだったのです。貧しいから、それ以外の手だてがなかった。

 戦争から戦後にかけて、郷里の人々への回想のなかで、秩父事件についての思い出とともに、そういう自分と同世代の人たちの自分より優秀な人たちの人生への思いがからみます。あの人たちはどうしているだろう、と考えることが多かったわけでした。

そういう二重映しのなかに、私の秩父回想はあったわけです。昭和のはじめに、堺利彦氏の『秩父事件』が出ています。戦時中は、もっと官許的な、政府側の意見を代弁した秩父事件についてのものがでていたわけですが、青年期にそれらを読んでいるから、後刻また読みなおしてみても、すべてなつかしいわけです。

イデオロギーに触れてゆくのでは。なくて、そこに語られている人々に触れている気持がひじょうに強かったんですね。極論すれば、秩父事件を語る者の思想などどうでもよかった。事件の人たちが、そこにいればよかったということでした。

 それについては、二つほどの理由を加えなければなりますまい。これを申しあげないと、私の意思が通うじなくなります。ひとつは意識なり感情なりの、もっとも昂揚した時点の人間が、いちばん美しいということです。

日常生活のたんたんたる姿にも美しさはあるが、それ以上に、激化した人間の美しさというものがある。なにやら、激化したときの人間、昂揚したときの人間の美しさというものを、秩父事件を通じて、同郷の人々への親しさをこめて、感じとっていたということなのです。

 もうひとつは、じつは私は、秩父事件を簡単に「農民の事件」と割りきってしまうことには、若干の疑問をもっているわけですが、それは別として、同郷の人々のなかでも、農業に携わる人だもというのは、いちばん秩父の風土を感じさせるわけです。

離れている私の身体が、秩父の山河と人々の内奥につながってゆく、大地と精神につながってゆく、その結び目のところに秩父の農民諸氏がいるといり、なにか結節点のような、錘のような、その意味で、私り存在の根っこのところに、デンと座っているようん感じが秩父事件を通じて殊に深く受け取れたように思われます。

このことは、私か俳諧というものに執着することの理由と、ひじょうに似たところがあります。というのは、文学は言語による自己表現ですが、それを求める場合、日本人である私の言語習慣のいちばん素朴なところにぶつかります。七・五調にぶつかるんです。

日本語がもっている基本のリズムと申しましょうか、七・五調の問題にぶつく。そこから私の俳諧への関心が高まっています。俳諧は、現在では、いうまでもなく、五・七・五字(音)の最も短い定型詩として、広く親しまれているわけですが、この七・五調というより、正しくは五・七調定型詩の魅力が忘れがたい。

七・五や五・七調は、私の身体にしみこんでいるリズム(音律)だし、同時に、日本人の誰れの身体にもしみこんでいるから、七・五調であらわせば、それだけで、オオとかワカッ夕とか言い合えるものがあります。
民謡のおおかたが七・五調を基本にしていること――それによってお互いにつまり、民謡を唄い踊ることを通うじてお互いに、親しさを肌身に感じあっているところがあります。

理屈でわかり合うのとは違った親しみがあるわけで、これは七・五調のおかげだとおもっています。したがって、ずいぶんモダーンな人や、七・五調嫌いの都会人が作る商業宣伝のキャチーフレースなどにも、意外に七・五調が多いことに呆れます。ミイラとりがミイラになったわけでもありますまいが、

嫌っても嫌っても、根っこにあることからは、なかなか離れられないものだ、ということでありましょう。つまり、日本語による自己表現ということを考えれば考えるほど、俳諧にひかれてゆく面が強かったということで、それと同じように、人々という言葉を通うじ
て人間について考えていると、どうしても、いちばん根っこにのところにいる農民、それも同郷の、とくに事件の渦中の農民にぶっく。

その点で、私の秩父事件を通うずる同郷の農民諸氏へのつながりと、俳諧を通うずる言語による自己表現へのつながりとは、ひじょうに似ています。
同根のことと自分ではおもっています。そういうことから、私は、秩父事件に、少青年期の記憶をあたためながら、ずうっとつながってきた、ということです。これが、俳句なぞをやっている男が、なんで秩父事件に興味をもつのか、と疑問をもつ方もいるかもしれ
ませんが、私が郷里のこの事件にことさらにひかれる理由の大きな部分なんで。・・・・つづく
    
あとがき
「ある庶民考-一茶覚え」を、昭和四十八年(一九七二年)夏に書き、「農民俳句小史」を昭和五十年(一九七五年)夏に書いた。そして二年後のいま、「私のなかの秩父事件」を、昨年秋の講演原稿に加筆訂正して仕上げた。ちょうど二年おきに書いたもので、一冊がまとまった次第だが、俳句を手がかりに、私が追っている「庶民」考の主題に変りはない。
これからも、この主題を手探りしてゆくつもりである。この本ができたのは、熊谷昇氏ならびに合同出版のおかげである。厚く感謝したい。
   一九七七年初夏               金子兜太

0 件のコメント:

コメントを投稿