2018年6月9日

『東国抄』金子兜太 2017年~2018年

東国抄〈拾遺2〉 金子兜太  (海程6月号 543号)

夏潮のみちのくの民孤化あるまじ

窓より覗く洒落たホテルの秋去る顔

熊谷や秩父の星影冬深く

奥秩父両神武甲冬の深さよ

片頬に冬日次第にしぼむ老い


東国抄〈拾遺1〉 金子兜太 (海程5月号 542号)

昼月に黒点被曝の福島何処へ

草鳴りの語ありや草莽の人ありき

夕星に母らしき声の韻くよ

父母ありき老いて且つ生き父母ありき

秩父谷桜並木に猪遊ぶや

(「東国抄」拾遺として、現代俳句協会の機関誌『現代俳句』平成三十年二月号に発表された特別作品「望郷」十句を二回に分けて掲載する)





戦争体験が基となり反戦意識を深め復員後、日銀労働組合の専従となるがレッドパージで退かされ、その後俳句に専念。1962年、同人誌「海程」創刊、後主宰となる。戦後、戦争体験を伝えることを念頭に活動してまいりましたが、98歳で2月20日死去しました。



 2月20日に98歳で亡くなった俳人・金子兜太さんの遺作九句が、主宰する俳誌「海程」4月号に掲載された。夜は介護施設で過ごす身の上を、「さすらい」と表現。
施設での様子を
さすらいに雪ふる二日入浴す
などと詠んだ。
 金子さんは本紙「平和の俳句」の選者をしていた2015年秋、認知症の症状が出始めた。昨年8月には選評を書くのが難しくなり選者を退いたが、句作は続けていた。

長男真土さんは「父 は認知症を発症してもコミュニケーションカが際立って残っていて、医者にも驚かれたほど。人の輪の中で過ごしてきたから、施設で孤独を感じていたのでは。句にさみしさがにじんでいる」と話す。

 陽の柔わら歩ききれない遠い家

介護施設は、埼玉県熊谷市内の自宅から車で15分ほど。金子さんの弱った脚では遠い道のりだった。金子さんは今年初め、肺炎になり入院。1月下旬に退院した後は、家族で介護が難しい夜と入浴日を施設で過ごすようになった。原稿は、2月6日に誤飲性肺炎で緊急入院する前に真土さんに手渡された。1月26日から2月3日までの間に書いたとみられる。
 金子さんには死を意識て辞世の句を詠む発想はなかったという。「死ぬことは他界に行くだけの話と捉え、はやりの終活もナンセンスだと割り切っていました」。
遺作は愛用のサインペンで書かれた力のこもったた独特の筆跡。「これだけ整然としている原稿は久しぶりで、復活している感じでした」としのんだ。
俳誌海程は1961年に創刊。金子さんは生前99歳を迎える今年9月にの終刊を明らかにしていたが、7月に終刊することになった。  (東京新聞・矢島智子さん)

東京新聞朝刊2018.4.3掲載 アップさせていただきました。 多謝・管理人



2018/2.3     東国抄317    金子兜太

鳥墜ちる真冬必死の空なり

ここから見える片照りの山茶花ども


寒風一と色に刷る街の青春


街の背の残照つづき叫ぶ声


視線定まり人歩き来るは退屈

草原に鳥影人は影持たぬ

(初出・角川『俳句』二〇一八年一月号の新年詠六句)


2018/1 東国抄316  金子兜太

片照りの秩父山峡雪の母峡

秩父山峡日照りの肌に狼棲む


山峡よ原野よ冬来る森香る


秩父の猪よ星影と冬を眠れ


春朝日まともに咲かす彼の小鳩



2017/12   東国抄315    金子兜太

欅一樹に鳥棲み辺(あた)り人住みて

欅茫茫真冬の空に人も埋もれ

狂とは言えぬ諦めの捨て切れぬ冬森(ふゆもり)

まず勢いを持てそのまま貫けと冬の花

冬ばら一と束夕なぎに一本となれど


2017/11    東国抄314    金子兜太
この窓やでんぐり返り秋の鴉

この窓や冬の鴉の人面(ひとづら)と

新開地に正義嘆いて蕎麦振る舞いて

夕陽崩れず山合いの地にひき一つ

花よ花仰ぎゆくものを

2017/10  東国抄313    金子兜太

  頌白曼珠沙華(四句)   
乱立の曼珠沙華だよ暫(しば)しの宴(えん)

しばらくは生命(いのち)の華(はな)の彼岸花

茫と立ち矢のごとく立ち曼珠沙華

曼珠沙華かくも盛りのあるものぞ

紫苑まず一匹の猫逆立す

画家の丸木位里・俊夫妻による大作「原爆の図」シリーズを展示する原爆の図丸木美術館(埼玉県東松山市)を初めて訪れて(2017年8月7日付け「朝日新聞」より)

被爆直後夫妻の團象大きく太し

2017/8.9    東国抄312    金子兜太

力士佳(よ)しハイビスカス佳し潔し

  日野原さん百五歳で大往生(五句)
日野原大老いま頃ロンドンで酔うや

日野原大老静かに宴(うたげ)大いに宴

囗野原大老うふうふととぼけず

日野原大老ゆつくり真面目そして真面目

われより八つ違いの日野原大老に平和を

朝戸出(あさとで)のわれより若し百日紅


2017/7 東国抄311  金子兜太

猪と鴉の遊ぶ秩父の昔かな

科(しな)の木の小さい小さい花の群れ

かくも細かく科の花咲きわれは老いず

梅雨空に茜覗かせ人は有り

山を捨て街空をゆくかみなり

街空か嫌いかみなり地団駄踏む

対岸の麦秋恋し平和恋し

2017/6  東国抄310      金子兜太

蝶はたはた蛇若若しくあるよ

春の林に深く谷音戦さあるな

山法師やがて月明に消える

眠るときキャベツばりばり食う音す

食事時間乱して初夏の詫びざま

われ若し俳句の「造型」を思う

青葉若葉のすべて吸い取る気構えなり

2017/5  東国抄309  金子兜太

瀬をとび越す春の人影平和かな

谷に墜ち無念の極み狐かな

父の放屁に谷の河鹿の一と騒ぎ

秩父ふるさと春の山つづくよ

桜に椿白木蓮も重ねて咲かせ亡妻(つま)ありき

末弟洸三葬るよ春の山ばかり

朝戸出のわれに親しよ朱の牡丹

2017/4 東国抄308   金子兜太

杉の木林(ばやし)の肌愛すかに春の蜂

妻の墓に顔近づけてわが足長蜂(あしなが)

竹の秋頭ぶつけて蜂と吾(わ)れと

山麓の竹林にわれと蝌蚪賑やか
 
枯木山通条花と戦さ御免の僧

かれきやま きぶしといくさ ごめんのそう

反戦の雀たち蝌蚪より多きかな

枯木山中年の僧蝌蚪に跼(かが)む

2017/2-3東国抄307   金子兜太

まことに流転熊谷の野に笑うときも

凍天に足腰萎えてゆく吾ぞ

寒紅梅毒舌猥舌の日々ぞ

熟れ柿の老いのわが身を陽に哂す

冬日向歩けばよいのに歩かない

人よ生き他を謗(そし)り且つ満たされず

曇り日の人よばかばかしいほど歎く

2017/1  東国抄306    金子兜太

妻逝きて十一年経て柚子や花梨や

青に徹して亡妻の冬空ありき

春の土竜の産土いたわりて亡妻(つま)

われは秩父の皆野に育ち猪(しし)が好き

山国の開業医の父とんど焚

麺棒抱(かか)えて嫁ぎし母の長寿かな

曽遊の地福島被曝海鳴りに


人気の投稿