2016年12月20日

兜太の語る俳人たち 『水原 秋櫻子』

水原 秋櫻子 (みずはら  しゅうおうし)(1892~1981)
俳人、医学博士。松根東洋城、ついで高浜虚子に師事。
短歌に学んだ明朗で叙情的な句風で「ホトトギス」に新風を吹き
込んだが、「客観写生」の理念に飽き足らなくなり離反、俳壇に
反ホトトギスを旗印とする新興俳句運動が起こるきっかけを作った。
「馬酔木」主宰。


高嶺星蚕飼(こがい)の村は寝しづまり          水原秋櫻子

 秋櫻子句集『葛飾』(昭和5年・1930刊)所収。-この作品を逸早く私が記憶したのも、したがって気まぐれなことではなかったのである。 句集『葛飾』を父親の机上に見付けだして、なんとなく拾い読みしたのは、もう中学生(旧制)になってからのことだった。昭和7、8年(1932、3)の頃だったろうか。

 秋櫻子が、昭和6年(1931)に主宰誌『馬酔木』に「自然の真と文芸上の真」を書いて、『ホトトギス』から離れたとき、秩父谷の伊昔紅はただちに同調した。そして、馬酔木支部句会のようなものを毎月自宅で催して、ガリ版刷りの俳誌『若鮎』を、これも月刊で出していた。

まさに若鮎だった。句会に集まるのはおおむね青年から中年で、句会のあとはかならず酒宴を張り、そして口論し、ときには殴り合いまでした。
中学生の私には、その様子がまことに物珍しく、俳句とはこのように人間臭いものとして映り、かつ焼きついたのである。いま、若鮎たちも老いあるいは死んで往時の面影はないが、しかし存命の潮夜荒、黒沢宗三郎、浅賀爽吉、村田柿公、渡辺浮美竹といった人たちに会うと、私には当時の雰囲気が流れてくる。

2016年12月19日

兜太の語る俳人たち 『金子伊昔紅』

遠い句―近い句』 富士見書房  [1993年4月]
○伊昔紅と秋桜子  ○楸邨と波郷 ○初期「馬酔木」の人々 
○出沢珊太郎のこと ○「成層圏をめぐって」
○竹下しづ女への親近 ○嶋田青峰との出会い○清貧を詠うひと
○銃後の町 ○肺碧きまで
○堀徹の青春 ○草田男の全人的投入 ○楸邨と隠岐 
○即物的抒情の二人○新情緒主義、横山白虹
○ビストルと露   ○月夜の葱坊主 ○「伐折羅」群像

『遠い句・近い句』より抜粋 1993年刊


金子伊昔紅(1889~1977)
金子兜太の父で農山林医として結核撲滅に貢献する一方、俳人としても「馬酔木」の同人で、水原秋桜子や高浜虚子らと親交があった。粗野だった秩父音頭を現在の形にし普及に努めた。

蚕卵紙青みぬ春のはたたがみ      金子伊昔紅

 水上にいる春雷の句が出てくると、どうしてもこの句が無視できなくなる。そして、この句のような、かなりに洗練されたものを頭にとどめるようになるのは、もう青年期に入ってからのことだった

 春雷を聞く頃になると、蚕卵紙(種紙)が青みはじめ、やがて毛蚕(けご)が生れて、育ってゆく養蚕農家の春から夏は、蚕卵紙の青みにはじまり、旺盛に桑の葉を食べる蚕とともにある。桑の葉を食べる葉騒のような音が消えると、白い繭を結ぶ。
 
 秩父は田がほとんどなく、畑地も少ないので、養蚕で暮しを立てる農家が大半だった。明治17年(1884)の秩父事件も、繭・生糸相場の変動が直接の原因になっている。昭和後期から平成のいまでも、秩父には養蚕をおこなう農家が多いのだ。

 伊昔紅の患家に養蚕農家が多いことは、したがって当然で、蚕飼で忙しさの極みにある家を訪ねるときは、気をつかったのだろう。ところが山の農家は義理堅くて、医者を見ると、できるだけのもてなしをしようとする。伊昔紅にこんな句もある。〈客に打つうどん蚕飼に惜しき手間〉。

 私の記憶のなかにも養蚕のことがずいぶん積っている。戦争から帰ってきて、すぐ結婚したとき心句に、〈朝日煙る手中の蚕妻に示す〉があるのも、そのためである。

 伊昔紅の「蚕卵紙」の句は、そんな回想を呼びおこしてくれるのだが、作品の出来ぐあいとして目ても、「蚕卵紙」と「はたたがみ」との語感の照響(こんな言い方をさせてもらう)がなかなかだとおもう。

「はたたがみ」の語感には、紙のさわさわと鳴る感じがあって「春の」とくると、よけい明るい。まるで、青みはじめた蚕卵紙の音そのもののように感じられてくるのである。
「いや、ありゃあカミナリさんだよ」と笑う気分もあってー。



人気の投稿