2016年5月17日

兜太句を味わう「犬一猫二われら三人被爆せず」

写真は蛭田有一氏撮影

犬一猫二われら三人被爆せず    兜太 「賠緑地誌」

熊谷に定住して、私と妻(みな子)、それと長男(眞土の生活に、妻が野良犬を一頭かわいそうだと連れてきた。猫の雌雄を貰った。まさに「犬一猫二われら三人」の生活だったが、ある日ふと、広島、長崎の原爆禍を家族で語り合うことかあり、この句ができた。「被爆せず」――この幸せの永久であることを。

金子兜太の教科書掲載句解説

鸞曲し火傷し爆心地のマラソン   句集『金子兜太句集』

Twisted and seared
the marathon at the center
of the atomic explosion    (英訳・海程同人 小長井和子)

初出は、「風」昭和33年4月。

 年譜では、2月、長崎丈店に転勤。隈治人に会う。原爆被災の浦上天守堂に近い山里の行舎に住む。
「鸞曲し火傷し爆心地のマラソン」を得。真土、山里小学校に転校。皆子雀を育てる。稲佐山の夕景、グビロヶに、原爆忌俳句大会。春、飯田龍太来、晩夏沢本夫妻、太郎、西垣脩、小田保来。

『短歌長崎』主宰小山誉美に会う。五島列島、雲仙、唐津、佐世保、門司、野母半島にゆく〕とある。兜太39歳。35年4月までの 2年半にわたる長崎での生活であった。

長崎の行舎に住むようになってからは、時間を見つけては爆心地
周辺を歩き、 いたるところに被爆の傷あとが残っているのを見聞してつくったのが「鸞曲し」の句。
 
兜太はこの句について、次のように書いている。ある晩、なんとなく国語辞典を繰っていた私は、ふと「鸞曲」という文字に気付いて 、眼が離れなくなった。しばらく見つめているうちに、さらに、「火」ということばが 出てきたのである。そして、その二つのことばを背負うように、長距離ランナーの映像があらわれて、その人は、いまこの地帯で生活している人々と重なった。しかし、次の瞬間、その肉体は「鸞曲し」 そして「火傷」をあらわに
したのだった。
     (「定型と人間」『わたしの俳句入門』昭和52年有斐閣・刊)

「造型」の方法が鮮明な句である。「創る自分」の意識活動が活発に行われ、イメージの 重層が見られる。 それは「鸞曲し火傷し爆心地の」と、原爆投下の地という強烈なイメージとリズムを 重層させることにより、爆心地としての長崎の惨状を浮かびあがらせ、そこに「マラソン」を 配することで、時間を現在へと引き寄せ、長崎の街をマラソンランナーが体を曲げて、 喘ぎながら力走していくイメージを二重写しさせている。
 そして、このマラソンランナーのイメージは、また原爆投下の惨状へと遡行し、 時代を経ても消えない精神の傷痕に訴えてくる。「鸞曲し火傷し」に、 なまなましい現実性と飛躍したイメージが
重なっている。「火傷し」は、「かしょうし」と読む。


昨日は長崎に原爆の落とされた日でした。こんな日が二度とあってはならないが、フクシマと重なる。浦上天主堂で被爆したマリア像、通称「被爆マリア像」も悲しむ3.11。

金子兜太の100句を読む   酒井弘司  飯塚書店 

人気の投稿