2016年4月9日

金子兜太講演「庶民と平和俳句」


 二月六日市、金子兜太先生の特別講演が、台東区民
会館(東京浅草)にて、「下町人間・天狗講初春の集い」
の第一部で行われた。聴衆は百人を超え、二時間があっと
いう間に過ぎた。講演の演題は「庶民と平和俳句」。
話の骨子は、次の通りである。

 現在、九十六歳の自分が出来ることは、戦争まるま
る経験者として、いかに戦争が残酷で、無惨なもので
あるか、また、戦争は絶対悪である、ということを語
り続けることだと思っている。そして、自分が頼もし
く思っている時代の変化は、十五年戦争当時の女性た
ちはとても温順しかっかが、現在の女性は極めて行動
的で、憲法学者が違憲とする安保法案に対しても、
はっきり、「ノー!」の声を上げるようになったこと。
 
 このあと、金子先生は、トラック島での部下の悲劇
こうもりなどを食べて飢えを凌いだ経験、そして敗戦
アメリカの捕虜になってからの出来事を話された。ま
た、埼玉県鴻巣市の女性が、自分の女性デモをテーマ
にした俳句が広報に掲載されなかったことを不服とし
て、提訴中であることを付言された。

 第二部では、海程会、安西篤会長が来賓として、金
子先生の国民的存在と海程について話された。

2016年4月5日

生きもの<金子兜太の世界> [DVD]

金子兜太(かねこ・とうた)略歴 1919年、埼玉県生まれ、俳人。父元春(俳号・伊昔紅)、母はるの長男、東京帝国大学経済学部卒業後日本銀行入行、 44年、主計中尉としてトラック島へ赴任。ここでの戦争体験が基となり反戦意識を深めていく。 46年に復員47年日本銀行に復職、従業員組合の事務局長を勤め組合運動にたずさわる。俳句は、旧制水戸高校在学中に始め、俳句誌「寒雷」復員後「風」に所属、1962年、同人誌「海程」を創刊し後に主宰。83年、現代俳句協会会長。86年、「朝日俳壇」選者。 2000年、現代俳句協会名誉会長に就任。88年、紫綬褒章、97年、NHK放送文化賞を受賞。05年、日本芸術院会員。 08年文化功労者、 10年、毎日芸術賞特別賞、菊池寛賞を受賞。16年朝日賞受賞。句集に『少年』『金子兜太句集』『遊牧集』、著書に『俳句の本質』『わが戦後俳句』『二度生きる』『凡夫の俳句人生』『悩むことはない』『荒凡夫一茶』など多数。小林一茶、種田山頭火の研究家。
生きもの<金子兜太の世界> [DVD]

№3 熊谷市句碑バスツアー

熊谷市が、江南町、妻沼町、大里町を10年前に合併となった記念に熊谷市が句碑を建立しました。4月4日、金子先生と句碑バスツアーがありましたのでアップします。

まずは妻沼町の荻野吟子(日本の女医1号)記念館に向かいました。利根川の土手沿いにあり一面の菜の花が広がりとてものどかな中に句碑がありました。

荻野吟子の生命とありぬ冬の利根   兜太




金沢から越してこられた左の○さん、先生とゆっくり話ができて喜んでいました。

画像はクリックすると大きくなります。
写真が多いので海程ブログに続いてアップ。リンクしています。
http://kaitei3.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html


人気の投稿