2016年12月10日

№3「日本行脚俳句旅」 金子兜太・正津 勉


秩父

日の夕べ天空を去る一狐かな     (『狡童』)

秩父事件の中心地帯である西谷(につやつ)は、荒川の支流赤平川を眼下に、空に向かって開けている。谷間から山頂近くまで点在する家は天空と向きあっている。夕暮れ、陽のひかりの残るその空を一頭の狐がはるばるととび去ってゆくのが見えたのだ。いや、そう見えたのかもしれない。急な山肌に暮らす人たちに挨拶するかのように。謎めいて、妙に人懐しげに。

 僧といて柿の実と白鳥の話     (『旅次抄録』)
        
禅僧大光(たいこう)は秩父の寺のあるじ。いま初冬の縁先で話している。わたしの好きな果物は白桃と柿、いちじくとライチーで、秋から冬にかけては柿を大いに食べる。子どものころは枝からもいで食べるのかふつうで、あの生ぐさい味が忘れられないのだが、いまは採果してから時間がたつ。しかしみょうに練れた味があって、これもまたよろし。樽抜きも同じ。祖父などは、渋柿をそのまま枝で熟れさせて、その熟柿をすするように食べていたものだったが、これは昔ばなしということか。
柿の季節は白鳥飛来の季節でもある。秩父盆地を南に向って流れる荒川べりにも、すでにだいぶ来ているようだ、と僧はいう。


山国や空にただよう花火殼     (『遊牧集』)

山国の大は花火が好きだ。秩父事件でも知られる吉田町は竜勢(りゅうせい)の打ちあげでも有名。秩父の人の暮らしは、周囲を里山で囲まれ、更にその向こう上武甲信との県境に連なる二千メートル級の連山によって南の空は限られている。空か狭い。そこに光のはじけるものを打ち上げたい気持ちはよく分かるのである。その花火殼が空にただよいつつ落ちてくる。花火の終わったあとのあっけなさ、空しさのようなものがいつまでも消えない。

山国の橡の木大なり人影だよ    (『遊牧集』

郷里の山国秩父、そこの里山の中腹に小屋を得て暮らしていた頃にできた作。歩いていると橡の大樹に出会う。20メートルをこえる高木もあり、その幹は太い。初夏咲く白花は美しく、私たちはその実を拾い、橡餅や橡団子をつくって食べる。里山に暮らす人たちには、仲間のようなあるいは兄貴のような存在と私には思えていた。だからこの大木が人影に見えることも珍しくはない。

谷間谷間に満作が咲く荒凡夫    (『遊牧集』)

早春の三つの花、春を告げる黄の花、などと勝手に呼んで、まんさく、さんしゅゆ(山茱萸)、きぶしが咲くのを待つのか、毎年の慣わしのようになっている。
なかでもまんさくが早い(まんさくの語原は「まず咲く」がなまったものともいわれている)。――薄黄の、細くねじれた花が枝にかたまるように咲く様子は、ほおかぶりをして豊年満作の踊りでもやっている感じなのだが、もともとが山地の花だから、郷里の秩父盆地の谷間のあちこちで、この満作踊りを見受ける。そして、俳諧師小林一茶が書きとめていた「荒凡夫」という言い草が、ここの花によく合うともおもっている。


  秩父・雁坂峠
猪がきて空気を食べる春の峠    (『遊牧集』)

秩父音頭(むかしは盆唄だった)の歌詞のなかに父が作詞した「炭の俵をあむ手にひびがきれりや雁坂雪かぶる」がある。いまでは木炭が見直されているか、それでも炭俵をあむ手仕事を知る人は少いだろう。その手にひびがきれるころは冬。雁坂が雪で白くなる。子どものとき、祖父などが、雁坂は雪だなあ、冬だぜ、と言っていたのを思い出す。雁坂峠には栃本という集落があって、むかしは「秩父甲州往還」の関所だった。わたしは、以前に二度ほどそこに泊ったことがあるか、猪の話もいくどか聞いた。山畑を荒らす。その肉(山鯨ともいう)を食べると情がふかくなる。猛スピード。lその猪が、いまごろは峠にのこのこ出てきて、春の味の、澄んだ空気を腹いっぱい吸いこんで(いやいや、食べて)いるのだろう、とおもってぃる。

夏の山国母いてわれを与太と言う  『皆之』)

母は、秩父盆地の開業医の父のあとを、長男の私か継ぐものと思い込んでいたので、医者にもならず、俳句という飯の種にもならなそうなことに浮身をやつしてる私に腹を立てていた。碌でなしぐらいの気持ちで、トウ太と呼ばずヨ太と呼んでいて、私もいつか慣れてしまっていた。いや104歳で死ぬまで与太で通した母が懐しい。

 
春落日しかし日暮れを急がない    (『両神』)

故郷の秩父の民宿に集って句会をやったとき、最終の会でこの句ができたのだが、夕暮れどきで、里山の中腹にある民宿の向かいの山の頂に夕日が近付いていた。春の落日は光芒をひろげて美しい。日暮れを引きのばすかのように、ゆっくりと落ちてゆく。その風景と向かい合って、この句あり。むろん、まだまだ歳はとらないよの気構え。
  

おおかみに螢が一つ付いていた   (『東国抄』)

七十歳代後半あたりから、生きものの存在の基本は「土」なり、と身にしみて承知するようになって、幼少年期をそこで育った山国秩父を「産土」うぶすなと思い定めてきた。そこにはニホンオオカミがたくさんいた。明治の半ば頃に絶滅したと伝えられてはいるか、今も生きていると確信している人もいて、私も産土を思うとき、かならず狼が現れてくる。群のこともあり、個のこともある。個のとき、よく見ると螢が一つ付いていて、瞬いていた。山気澄み、大地静まるなか、狼と螢、「いのち」の原始さながらにじつに静かに土に立つ。嵐山光三郎さんがこの句を読んで、「あんたの遺句だ」と言ったのを覚えて
いる。

おおかみを龍神(りゅうがみ)と呼ぶ山の民    (『東国抄』)

郷里の秩父(「産土」を代表する山として日頃敬愛している両神山(りょうがみやま)には、狼がたくさんいたと伝えられているが、土地の人たちが狼を龍神と呼ぶと聞いて、両神山の名もそこから決まってきたのではないか、と私は思ってきた。いま住んでいる熊谷からも晴れた日には台状の両神山が見える。いまでもその台状の頂に狼がいる、と思えてならない。

狼生く無時間を生きて咆哮     (『東国抄』)

狼は、私のなかでは時間を超越して存在している。日本列島、そして「産土」秩父の土の上に生きている。「いのち」そのものとして。時に咆哮し、時に眠り、「いささかも妥協を知らず(中略)あの尾根近く狂い走ったろう。」(秩父の詩人・金子直一の詩「狼」より)
                                       
言霊の脊梁山脈のさくら      (『日常』)

この脊梁山脈は、郷里秩父盆地の南に連なる二千メートル級の連山。陽光を遮って盆地を暗くしているのだが、春とともに桜も咲く。そして暗い山脈の山肌に点々と見える桜花には隠微な美しさとともに霊感のようなものが感じられてならない。言葉に宿っている不思議な霊感とはこれか、と思ったりする。



0 件のコメント:

コメントを投稿