2016年5月17日

兜太句を味わう「犬一猫二われら三人被爆せず」

写真は蛭田有一氏撮影

犬一猫二われら三人被爆せず    兜太 「賠緑地誌」

熊谷に定住して、私と妻(みな子)、それと長男(眞土の生活に、妻が野良犬を一頭かわいそうだと連れてきた。猫の雌雄を貰った。まさに「犬一猫二われら三人」の生活だったが、ある日ふと、広島、長崎の原爆禍を家族で語り合うことかあり、この句ができた。「被爆せず」――この幸せの永久であることを。

0 件のコメント:

コメントを投稿