2016年2月13日

兜太の語る俳人たち 『一茶の魅力』 

2016.2.3  520号 海程秀句【海人・海花・海童の同人作品】へリンクしています 


弟弥兵衛の屋敷(平成12年復元) 火災の後、弟が建てた屋敷を復元したもの
 一茶の人気は、日本国内ばかりでなく海外でも高く、近世から近代にかけての俳人のなかで、芭蕉はもっとも尊重され、一茶はもっとも親しまれている。
ここにきて子規の評価も高まっており、大いに親しまれてもいるが、その子規も句法の上では蕪村を多としつつ、実際に歩いていた道は、一茶が踏みしめていたそれだったのである。

 一茶が誰よりも親しまれている理由は、大きくまとめて二つある。一つは毎日の暮しの有り態を直かに俳句(当時の言い方では「発句」)に書いていたということで、日々の喜怒哀楽、愛憎、さては猥雑にいたるまでのさまざまが「日常実感」として書きとめられていたことにある。しかも、一茶は農家出身のズブの農民であり、旅が多かったこともあって、句には、土の匂いとともに、「我が星は上総の空をうろつくか」とか、「是がまあつひの栖か雪五尺」といった漂泊の心情がしみ込んでいた。「実感」は複雑で懐しいニュアンスを包含していたのである。

 俳句を、文芸としての構えでなく、素手でとらえた実感で支えていたということで、読んで分りやすく、なによりも親しみやすかったといえる。しかも、この姿勢が、芭蕉以降の俳句のながれに大きな変化を与えたことを見すごすことはできない。これを、俳句におけるリアリズムの始まりといい、近代俳句の出発ということは自由だが、一茶の出現によって、俳句が庶民生活の土壌にしっかりと根を張るようになったこと間違いない。

 今次大戦のあと間もなく、『俳句』四巻を上梓し、芭蕉、蕪村、一茶、子規の俳句を軸に総数二、六四五句を英訳し、海外とくにアメリカでの俳句への関心、愛好に大きく影響を与えた人にR・H・ブライスがいる。
そのブライスはこう書いていた。「蕪村は芭蕉に従い、子規は蕪村に従った。しかし芭蕉と一茶は誰の真似もせず、彼ら独自の道を歩んだ」と。芭蕉と一茶にのみ「独自の道」を見るブライスの目は確か、といえる。その一茶の道は、「日常実感」の土の上に敷かれていたのである。


 一茶が親しまれるいま一つの理由は、句のなかで、たくさんの生きものたちが生き生きと息づいていることにある(人間もその生きものの仲間)。

 赤馬の鼻で吹たる蛍かな
 蝉鳴や物食う馬の頬ぺたに
 形代に虱おぶせて流しけり
 星様のささやき給ふけしき哉

などなどと挙げれば際限がないが、一茶にとっては、すべてが生きもので、同列で、得もいえず親しいものだったのだ。私は一茶にアニミズムを受取る。『広辞苑』の記述を借りていえば、アニミズムと呼ばれる宗教の原初的な超自然観では、自然界のあらゆるものが個々に具体的なかたちを持つていて、しかも固有の霊魂や精霊などの霊的存在を持っていた。一茶の心性には、その超自然観が自ら備わっていたのである。農家に育った故と私はおもうが、一茶句の土の匂いや諧謔の温かさともそれは重なる。一茶句が皮肉や憎しみにとらわれているときでも、芯から暗いことが少ないのはそのせいともおもうが、しかし芯から暗いときもある。そのときはアニミズムま でが踏みにじられていたのだ。

 先はどのブライスが、一茶の心性に仏教慝想までも感受して、一茶はもっとも日本人的な人だ、もっとも人間味豊かな人だというのも、私には納得できる。在日期間が長く、禅と俳句に造詣のふかい英国人の眼に刻まれていた一茶理解には説得力がある。

 以上二つ、一茶の代表的な特徴を述べたわけだが、このことはこうも言いかえることができる。つまり、日常実感を俳句の地盤に据えたことは、俳句の近代への出発を保証したことであり、一茶句の伝えるアニミズムの世界は、二十一世紀の俳句を実りあるものにするに違いない、と。いや、俳句ばかりではない。文化のすべてに実りをもたらすはず。
                        (かねことうた)

0 件のコメント:

コメントを投稿