2015年12月30日

写真で綴る2015年の金子兜太


2015東国抄   金子兜太

福島病む吾妻山(あづま)白雪夜の声

質実剛健自由とアニミズム重なる

葭葦(よしあし)と牛蛙鳴く刈られゆく

朝狩(あさがり)へ渕の目玉の光るかな

山の友冬眠もなくひた老いぬ

秩父困民党ありき紅葉に全滅


2015年年1月 東京新聞「平和の俳句」始まる、作家のいとうせいこうと選者に。
 平和とは噛みしめて御飯食べること    宮本 武子(76) 
 【評】<金子兜太>ゆっくりご飯を噛みしめて食べているとき、ああこれが
  平和だからこんなに旨いんだ。ありがたいなあとおもう。この日常感。
2016年「平和の俳句」は引き続き募集します。

2015年1月29日 BS11宮崎美子のすずらん本屋堂出演
司会・宮崎美子・・・金子兜太さんの敗戦から70年…戦時中の体験談から
死生観信条、そして代表句をご紹介しながら俳句の魅力についても伺います! 
2015年5月31日 「関口宏の人生の詩」のトーク番組に出演

2015年7月3日 平和の俳句が第十二回「みなづき賞」受賞
 選者で俳人の金子兜太(95)と作家のいとうせいこうさん(54)、
 東京新聞に賞が贈られた。
https://twitter.com/seikoito/status/616951399973195777
2015年6月23日 毎日新聞 俳人・金子兜太インタビュー 
  戦後70年:「国のため死んでいく制度は我慢できぬ」 

2015年8月7日 澤地久枝さんが国会正門前で「アベ政治を許さない」 
戦争法案を廃案デモ。金子兜太揮毫です。

2015年8月15日 日経・戦後70年 俳人・金子兜太 戦後70年インタビュー

2015年9月23日 96歳の誕生日を皆野町で祝賀会 
「平和を念ずれば通ず・・・・兜太」

2015年10月24日(土)熊高創立百二十周年記念に句碑が出来ました
金子先生の母校です。

2015年11月30日  下町ノーベル賞受賞

庶民の暮らしと文化、平和と民主主義を守るために貢献した
人々を庶民が選び顕彰する。そんな活動を続けいつしか
下町のノーベル賞と呼ばれるようになった。台東区の市民
グループが主催「下町人間庶民文化賞」のことです。
贈られるのは万年筆と置き時計です。


2015年12月12日
授賞式に駆けつけた金子先生はSEALDsの今村幸子さんと握手。


人気の投稿