2015年12月3日

兜太のエッセー「ラグビー」


今年のスポーツの話題は何と言ってもラクビーの五郎丸選手です。  
3勝を挙げたワールドカップでの活躍で一躍「時の人」になりました。

『兜太のつれづれ歳時記に』 ラグビーの項があります
  
 ラガー等のそのかちうたのみじかけれ  横山白虹

 冬はラグビーの季節といいたいくらいに、ラグビーは私の大好きな球技の一つである。ラグビーの試合のない正月なんて正月ではないという気持ちで、テレビジョンに張りついている。

 この俳句は昭和前期の作で、白虹が九大医学部出身だから、九大ラグビ一部の試合後の情景を句にしたものと勘繰っている。しかし、そんな詮索は無用。ラグビーという激しい闘争技とすら感じさせるほどの、それこそ文字どおり男臭い、男らしい球技が見る者に与えてくれる清清しさに惚れ込んでの作なのである。

 その感動の盛り上がりは試合中も続くが、勝負が決まったあとの選手たちの姿からも受けとれる。勝った者たちの「かちうた(勝ち歌)」が長々しくなく、したがっていかにも誇らしげでなく、あっさりと短いところにもそれを感じると白虹は書くのだ。敗れた相手を労る心根もみえて、まことに男らしいとも。

 この俳句の宜しさの一つは、「かちうた」という言葉にあり、これがひびく。「みじかけれ」といいきるところに、作者と選手たちの心情のひびきもある。「格好の好い」句なのだ。しかし、少しもそれが気にならない。 私か冬、ことに正月ともなるとこの句を思い出す。そうしてラグビーの試合を堪能する。いや、いま一句、私の堪向を感動的にしてくれる句があった。

 惨敗のラガーシャワーに燃え移る  竹貫稔也

「兜太」句を味わう「若狭乙女・・・」 「定住漂泊・・・」


若狭乙女美し美しと鳴く冬の鳥            金子兜太
(わかさおとめ はしはしとなく ふゆのり)

冬、若狭湾に臨む小浜に泊ったときの作。湾は波立ち、鴎が、じつにと言いたいほどにたくさんいて、漁港の冬をつよく感じさせられた。そしてその景のなかで働く若い女性たちが美しかったのだが、とくに鴎の鳴き声が「美し美し」ときこえたのは、旅情のせいもある。しかもこのことばをとくに遣おうとしたところに『詩經國風』によって養われた下地
があったためと思ってもいる。     (『詩經國風』)

定住漂泊冬の陽熱き握り飯           金子兜太
(ていじゅうひょうはく ふゆのひあつき にぎりめし)

人は自分たちでつくってきた社会でなんとか生きてゆこうとして(「定住」をもとめて)苦労している。そのためかえって、原始の、アニミズムの世界を良き「原郷」として、そこに憧れて、こころさまよう。「定住漂泊」こそ社会生活を営む人間の有り態と、私は考えていて、いま冬の陽を浴びて握り飯を食いながらも、そのことを思っている。そのせい
か冬の陽ざしが妙に熱い。私自身その有り態にこだわり、いるゆさぶられて       (『日常』)

人気の投稿