2015年11月20日

.岡崎万寿著「転換の時代の俳句力」



金子兜太の七十年目 筑紫磐井 (俳句四季11月号より転載)

 この八月、巷にはこんなビラがあふれていた、「アベ政治を許さない」。俳人金子兜太の字だ。奇異な感じを持たれたかもしれないが、兜太は、戦後復員して後、社会性俳句の
中心としてメッセージを発し続けていた作家だ。決して意外な人物のビラではない。た
だ、七十年後の今それを見ることが不思議なのだ。

 戦争の時代の20世紀に、我々は21世
紀とは平和と希望の世紀であると思っていた。いつの時代も世紀初はそうした希望にあふれている。しかし今となってみるとどうも目論見が違ったように思える。21世紀とは、やはり騒然の時代であった。思い返せば、21
世紀はテロで始まった(2001年9月ワールドトレードセンタービル崩壊)。

そして日本にあっては、地震、噴火と戦争の予感
の時代であった。これこそ金子兜太が再登場するにはピッタリの時代であったのである。




岡崎万寿の『転換の時代の俳句力――金子兜太の存在』

(平成27年8月15日/文學の森刊。(1600円十税)は、こうした時代にうってつけの本であった。兜太には、すでに、牧ひでを、安西篤など兜太と寄り添った人たちが書いた名評伝があり、我々は、事実も伝説もすべて知っているように思っている。しかし、上述のように進展し続ける兜太には、常に現在からフラッシュバックした評伝が必要なのだ。岡崎の本はまさに最新の事実から兜太を浮かび上がらせる。

 一言でいえば、この本は、①震災俳句、②
戦争俳句の両岸から橋をかけ、そこに③リア
リズムという虹を浮かび上がらせている本である、と言えようか。

 第1部の震災俳句にあっては、定点分析と
して、「その年」「1年目」「2年目」「3年目」と軌跡を追っている。
 第2部の戦争俳句にあっては、長谷川素逝・三橋敏雄・渡辺白泉、富澤赤黄男・鈴木
六林男、金子兜太の三つのパターンをあぶり出す。

 第3部の両者をつなぐリアリズムにあって
は、新興俳句、人間探究派、プロレタリア俳
句、戦争俳句、戦後俳句、根源俳句、社会性俳句、兜太の造型俳句という見事な系譜がた
どられるのである。

2015年11月17日

金子兜太句碑  埼玉県熊谷市

10月24日(土)熊高創立百二十周年記念に句碑が出来ました。
金子先生の母校です。

実の窓若き日の夏木立   金子兜太





天台宗別格本山常光院・・・ここは中条氏の館跡(県指定史跡)。
http://www.city.kumagaya.lg.jp/kanko/midokoro/jokoin.html

たっぷりと鳴くやつもいる夕ひぐらし    金子兜太



人気の投稿