2015年11月3日

句集「黒猫」金子皆子


黒猫  昭和五十六年卜六十年

つらら剣(つるぎ)もまんさくの花も透明
芽明りと灯りとひとつ姉妹のような
附下の孫ら眠りに花か水鳥か混る
木の芽たち黒猫もの言って老いる
まんじゅしゃげ亡母(はは)に身近な時間の赤の
紅葉山朝日は孫の獅子頭
黒猫と松毬(まつかさ)羽をおとしてみる
山繭の薄緑の時間なのだから
夏星よ黒猫百歳の耳立て
むかしむかしがありぬ令法(りょうぶ)の花盛り
蒿雀(あおじ)を追ってみよ友よ失いしもの
魚みている静かな黒猫と草の実
土佐は不思議天上に豆の花溜める
照葉樹林帯に青貝を煮る囗
山襞にあり巡礼の鈴怖し
走って分れる茜夕空姉妹と思う
旅近し葱の匂いの冬月と思う
臣木ユーカリ旅のねむりに白葉騷
梨花巨木あひるといて泥の老婆よ
木綿花(もーめんほわ)の花夕焼の五臓なのか
水牛と少女水牛と青年の広漠
疲れ寝すこし滴江の春の水になる
菜の花大陸曳船に裸火と男
黄濁は日常林檎赤き小粒
ジャスミン茶口中にあり私は休む
桐の花仏身に呼びかけるかな
うっぎ咲く黒猫うっぎの夢の中
帰郷(きごう)とはりょうぶの花の白房にあり
 犬チャーの死
犬死にゆきひぐらしの帽みなかぶる


2015年11月2日

兜太の語る俳人たち 『小林一茶』 

 これがまあ 終の棲家か 雪五尺


 一茶最晩年(1827)の夏、北国街道柏原宿一帯が大火に見舞われ、母屋を焼失。その年の11月19日、焼け残ったこの土蔵で妻に看取られながら息を引き取りました。 享年65才。翌年に遺腹の次女ヤタが誕生しています。
金子先生は一茶にのめり込み生き方に共感しました。
一茶論です。

2015年11月1日

金子兜太句碑  埼玉県長瀞町


写真は、長生館にゆかりのある埼玉県を代表する俳人、

「金子兜太先生」の句碑です。

猪(しし)が来て空気を食べる春の峠      兜太

長生館の中庭にございます♪
http://www.jalan.net/yad329295/blog/entry0002851625.html


長瀞町野上下郷2868  洞昌院
関東36不動霊場のひとつ、秋の七草寺としても知られる。ちょっとした高台にあり、秩父産の山萩のほか複数の品種の萩を見ることができます。 紅白のかわいらしい花がところ狭しと咲いています。



人気の投稿