2015年8月21日

第12句集『両神』金子兜太


第12句集 『両神』  金子兜太

『両神』立風書房 平成平成7年12月刊  2,700円 

句は芸林21世紀俳句文庫「金子兜太」

心臓に麦の青さが徐徐に徐徐に
梅雨の家老女を赤松が照らす
   赤城山麓大胡(三句)
大前田英五郎の村黄落す
紅葉原野やつて来ました大村屋
鴨渡る昔侠客いまは石
少年二人とかりん六個は偶然なり (かりんの漢字無)
小鳥来る全力疾走の小鳥も
自我ぐずぐずとありき晩秋のひかり
青き馬倒れていたる師走かな
毛越寺(もうつうじ)飯(いい)に蝿くる嬉しさよ
酒止めようかどの本能と遊ぼうか
物足りてこころうろつく雑煮かな
気力確かにわれ死に得るやブナ若葉 (ブナの漢字無)
    愚陀仏庵
二階に漱石一階に子規秋の蜂
長生きの朧のなかの眼玉かな
蛇来たるかなりのスピードであった
夏落葉有髪(うはつ)も禿頭もゆくよ
飯食えば蛇来て穴に入りにけり
両神山は補陀落初日沈むところ
    城(五句)
春の城姫蜂落ちて水の音
夏の城魂はいつも鈍く
秋の城武は小心の極みなりき
冬の城文は自己遁辞なりけり
昼の城生きながらえてやがて離散
青春が晩年の子規芥子坊主
樹下の犀疾走も衝突も御免だ
花合歓は粥(しゅく)栗束は飯(はん)のごとし
春落日しかし日暮れを急がない
霧の寺廟に転ぶさくらんぼ
    四川省の旅(四句)
桂花咲き月の匂いの成都あり
月よ見えね青蒼の山河確(しか)とあれど
靄の奥に月あり心象光満つ
燕帰るわたしも帰る並(な)みの家

兜太句を味わう「衫の実の句いが好きだ嗅ぎすぎた」


衫の実の句いが好きだ嗅ぎすぎた     兜太   (句集・猪羊集)

池田 これやりますものね、よく。くんくんって。

金子 花粉症にいいって聞いたことがあってね。その頃なったんだよ。今もう殆どないな。

池田 嗅ぎすぎだったんじゃないんですか、先生。花粉症になるほど。

金子 嗅ぎすぎたなんて……。(笑)なんか不思議に60歳ちょっと過ぎて体全体弱ったんだ、あの時期に。それで約十年近く花粉症にやられてましてね。現在ほとんどないな。でも少し残ってる。60歳ぐらいまでは全く関係なかった。秩父は杉の多いところだからね、そこでずっと育ってきてね、全然何ともなかった。体の弱まりと関係するな、あれは。こっちの抵抗力がなくなると出るんですね。不思議な感じで、その頃できた匂です。あの匂いを嗅げば大丈夫だと、思っちゃったのかな自分で。匂い嗅いだことありますか?いい匂いですよ。

池田 杉の葉の匂いに近いんですか?

金子 そうです、青い妙な匂い。エネルギーを感じますよ。

池田 好きでやめとけばいいのに嗅ぎすぎるまで嗅いじゃうところがね。ああ可笑しい。(笑)

金子 そこがね、我輩の諧謔で。

池田 次が一茶の、ミイラ取りががミイラになったという。言葉ということにもう一回立ち戻った時期ということになるかしら。

金子 そのとおりですね。一茶が『詩経國風』で勉強した時期があったんです。それに刺激されてね、今の貴女が言われたように、自分の言葉をもっと拡げたり、新しくしたいと、そういう気持があった。それでこんな句が出来た。

池田 実はちゃんと調べたいのに、急で間に合わなかったんですが、この『詩経』の『國風』というのは、中では俗な世界なんですね。『詩経』の中では。

金子 ああ、『國風』がね。あれは民謡なんです。あれは孔子が作ったんだけどね。黄河流域の庶民だな、庶民の中にずっと流行っていた民謡を集めたの。『詩経』には三通りあるんですけど、そのうちで一番庶民的な、民謡なんです、ええ。

Amazonにあります金子兜太・池田澄子『兜太百句を読む』

2015年8月19日

兜太句を味わう「麒麟の・・・」「黒部の沢・・・」


麒麟の脚のごとき恵みよ夏の人           兜太
きりんのあしの ごときめぐみよ なつのひと

孔子によって編まれた極東最古の詩集『詩經』のなかの「國風」〈黄河流域を主とする北方各地方の歌、いわば民謡を集めたもの〉に引きつけられ、六十六歳のとき、これに刺激されてできた句をまとめて同名の句集を出した。この句、「麟の趾よ/振振たる公子よ
/于嗟麟号」(きりんの足よ。〈そのように〉めぐみぶかいわがきみたちよ。ああきりんよ。「吉川孝次郎注」)を下敷に発想したもので、「夏の人」は、夏の開放感のなかにある人よ、君等は、の気持ち。小生の造語。 
                         (句集『詩經國風』)


黒部の沢真つ直ぐに墜ちてゆくこおろぎ     兜太

黒部峡谷を対岸から見上げると、高い崖の傾斜を、蛇が逆さに這っているように、細い沢が谷間に向かって長々と走っていた。白いのは水が流れている証拠でそれが妙に美しく無気味。そしてそこを大きなこおろぎのようなものが、黒くおちてゆくのである。無論幻視錯覚のたぐいなのだが、初めて黒部峡谷に入ったときの、黒部との初見の印象がこれだった。                  
                           (句集『猪羊集』)
金子兜太 自選自壊99句アマゾンにあります

2015年8月18日

金子兜太の句を味わう「青葦原汗だくだくの鼠と会う」


青葦原汗だくだくの鼠と会う        兜太  (句集・皆之)

葦が青々と茂りひろがる「青葦原」は、まさに夏の景観である。その葦密生のなかの路を歩いてゆく。じつに暑い。汗まみれになっているとき、鼠が一匹とびだしたのである。見ると、それも汗だくだった、ということ。むろん、私の眼にそう見えたということで、私は鼠を友達のような気持ちで見ていたのだ。


2015年8月17日

金子兜太句集『黄』こう)


金子兜太句集 『黄』(こう)ふらんす堂 1200E 1991年刊

 『黄』自選句集 
平成3年 ふらんす堂

雪の日を黄人われのほほえみおり

雪降るとき黄河黄濁を極めん

雪の日は黄の字想う黄濁愛す

黄河そそいで黄海を成す雪の日も

黄海に黄河から来し魚影泳ぐ


『黄』 あとがき
句集『少年』にはじまる私の全句集から三八〇句を選び、それに近作〈黄〉五句を加えた。全句集といったが、最近刊の『皆之』からの抄出は省略し、その前の『詩経國風』までにしている。
 選出に当たっては、『少年』と『詩経國風』を軸とし、自分の体質がよく出ているものに執した。初期は初期なりに、いまはいまなりに、これが自分の俳句だ
とおもうものに執してみた。そして中国大陸の風土に引きつけられている自分の身心に気付いている。選出句が、後段、『詩経國風』を読みながらつくった句に
かたむいているのは、その現れであって、ついに、題を『黄』とし、黄五句で終りとするに到った次第である。
代表作を網羅し自選380句を収録。

人気の投稿