2015年5月26日

鈴鹿市 別宮・椿岸神社に金子兜太句碑

俳人・金子兜太(とうた)さん(95)の句碑の除幕式が5月11日、椿大神社(つばきおおかみやしろ、鈴鹿市)の境内にあるある別宮・椿岸神社前であった。
出席した金子さんは「こんな句碑をつくっていただいて大満足」と謝意を述べた。

金子さんは、椿大神社が1983年から毎年開催している献詠祭の初回からの選者。
昨年11月の献詠祭に合わせて詠んだ

秋光の伊勢一宮笑顔かな      兜太

の句に山本行恭宮司が感銘を受け、句碑にしたいと申し出て実現した。

句碑は高さ、幅とも約1メートル、厚さ25センチのみかげ石製。金子さんの書いた直筆が彫ってある。金子さんは「私は句をひねくりまわしてつくる方だが、この句は自然にふうっとできた。このまま素直に読んで欲しい」と話す。
http://www.asahi.com/articles/ASH5C4W0NH5CONFB00J.html




人気の投稿