2015年10月30日

兜太の語る俳人たち 『芭蕉』 

 (奥の細道・千住旅立ち:元禄2年3月27日)

 栗山理一先生の『俳諧史』は今でも私にとってはバイブル的な本でございます。あのなかで先生は、芭蕉の基本の考え方を「物の微と情の誠」というタイトルで書いています。

ものの微妙なところ、デリケートなところ、それに情の誠が触れ合う。ものの微とこころの真実が触れ合う。この時点がいちばん大事だと書いているのです。これが表現論の基本である。先生はそんなことは言ってませんが、私はそう受け取った。つまり、これが実現できればいい俳句ができる。そういうふうに私は受け取っています。

 そうしたら、ついこの間も、こういうところでデタラメを言ってもまずいと思ったから、少し調べてみたのですが、芭蕉が最後に「軽み」に来て、「軽み」で考えたことがものの微と情の誡、ものと心のバランスというふうに私は自分なりに訳しているんだが、ものと心のバランスということを芭蕉は考えていた。

それがうまく行ったときに「軽み」が実現する基本ができる。それをやるためには初心に帰らなければいけない。三尺の童子に作らせたほうがいいとか、あれもそれですね。あるいはものの見えたる光が消えないうちにつかまえろと警視庁の役人みたいなことを言ったのも(笑)、そこなんですね。

ものと心のバランスの瞬間をつかまえろ、それが第一だ。物の微と情の誠が触れ合った瞬間をつかまうろ、それが第一だ。ものの微と情の美が触れ合った瞬間、それをつかまえろと言っておる。

 今の学者の方も「軽み」について大体その考え方をお持ちなのではないかと思うのです。しかし、表現論ということを考えたとき、ものの微と情の誠の触れ合い、それを捉えていくことが非常に大事だということを私はしみじみ思います。


芭蕉の「翁」意識が「軽み」を遠ざけた

 なぜ芭蕉は「軽み」と言いながら、最後、それがうまく実現できなかったんだろうということですが、これは全く私の独断でございますが、芭蕉は四十代に入ってから、自分のことを「翁」と言っています。短冊を書いてもすぐ「翁」と書く。この前(2008年9月20日、羽黒山全国俳句大会での記念シンポジウムでもそれを申し上げたのですが、「翁」という考え方が芭蕉を「軽み」から遠ざけたと私は見ております。

 あれは文人趣味なんです。蕪村のころになると文人趣味は大きな流行になります。趣味と言っては悪いけれど、文人意識に緩みの入ったときの表われが「自分は翁である」と言う。歳をとってもいないのに、四十くらいから翁なんて言っていたら、今の人間たちはどうするんだということですよ。

今の時代は翁がどんどん子供を作っているんだから、翁でもってどんどん子供ができるなんてことはありえないのでね。ま、できるかも知れないけれど限界がある。バイアグラというのを使うと八十歳になってもできるそうです。
渡辺淳一がそういうことを書いていた。私も実行しようと思ったことがあるが、あれは心臓によくないそうですから、やめました(笑)。
 
 芭蕉は若い年齢にかかわらず、俺は翁だ、翁だと年寄りみたいなことを言ったり書いたりしたんでしょう。あれが彼の「軽み」が実際、実行できなかった理由になっていると思う。三尺の童子に作らせろとが、閃いたものを掴めとか、そういうことは翁にできるはずがない。「初心に帰れ」とは、観念的に、文人意識として自分に言い聞かせることはできるわけだ。

ご承知のように中世の能楽論、歌学論でも「初心」という言葉がけっこう使われております。歳をとったら「初心に帰れ」と言っているわけだ。
その初心なので、芭蕉も恐らくそんなことを考えていたんじゃないかな。自分は翁であって、円熟の境地にあると思うし、それを求めているが、その果てに初心に帰れば、自分としては「軽み」は本当に実現できる。

そのバランスが瞬間に捉えられる。そういう若さが持てると、そう思っていたかも知れないが、そうは問屋が卸さなかったと私は思います。やはり翁意識を持った人間には「初心に帰る」なんてことは事実上、できない。そう私は思います。

 芭蕉の翁という考え方は非常に危険である。これは文人意識の緩んだ固まりで、こんなことは撲滅しなかったら、なめらかな自己表現はできないと私は思っているくらいです。そんなわけで、表現論として芭蕉は基本にあることは間違いないのですが、その点て私は芭蕉を尊敬しません。そこに至りました。彼の仕事は尊敬しますけれどね。

芭蕉全句集サイト

0 件のコメント:

コメントを投稿