2015年9月19日

兜太句を味わう「暗闇の下山くちびるをぶあつくし」

晴れ晴れと笑う金子兜太。写真は蛭田有一氏が撮りました。


暗闇の下山くちびるをぶあつくし     金子兜太   『少年』            

(池田澄子 兜太100句を詠むから)

金子  これは好きな句だ。

池田  これは、昔はよく分からなかったんです。「くちびるをぶ厚くし」の意味が。ごろごろした坂道をドンドンドンドッつて降りてくると、こう唇が膨らんでくるような気分がするのではないかと、ある時気が付きました。そういう感じでいいのでしょうか。

金子  それでいいです。そういう肉体の状態ですね。

池田  この句は一句として面白いと思っていますが、どういうときに作られたかを知ると、一層よくなる句です。

金子  福島支店から神戸へ転勤になった、その福島支店最後の時の句です。

池田  福島支店最後の、送別会をしてもらったときの句、一人で山を走って降りたという。

金子  送別会を安達太良でやった。一人ですけどね、山をぐんぐんと鬱屈し気負った心情で下っていっか。その時の心情の高まりです。

池田  ああ、心情、思いを具体で見せた。映像化した。

金子  なにか鬱屈した、挑む思い、なにかに。次の生活に挑む気持ちで山を降りてきた。一人で、たったったっと。貴女の言ったその状態。

池田  平らな道じゃ、そうは感じませんね。たったったっと下るので体の重みがどんつどんつどんつて、唇がだんだん分厚くなっちゃうという感じ。なにくそって感じ。

金子  ついこの間ね、北上の日本現代詩歌文学館から、「啄木に献ずる詩」というタイトルで開館二十周年記念展をするから、啄木への思いを自分の詩なら詩、短歌なら短歌にして送ってよこせと言ってきたのでね、この句を色紙に書いて送りました。『一握の砂』刊行から百年だそうです。啄木に思いを馳せてね、書きました。ちょうど東京時代の彼の最後、あの鬱屈した挑むような思いというのは私は分かるわけだ。この気持とぴたりです。

池田  追われるような気分。それに負けてたまるかっていう気分、俺はこのままでは終らないぞという気持でしょうか。

金子  何かまた開いてやろうという。挑む持ち。

池田  それで神。神戸にいらして、本当に開けよしたよねえ。

金子  だからその、偶然ねえ、関西前衛の中に飛び込んじやった。あれけ俺にとっちや運がよかったんですねえ。

池田  タイミングというか。待たれていたような、いいタイミング。

金子  そうです。相当いいタイミング。私はねえ、運がいい男だと思ってるんですよ。戦争中に死ななかったしなあ。このタイミングも非堂に運がよかったですねえ。あの関西前衛熱気がなかったら、俺はやめてたかもしれない。違った道になってたかもしれない。

池田  そこで本当に金子兜太が出来上がったということでしょう?気持ちの上でも。

金子  その通りです。その通りです。

池田  その中でこんなかわいいの句があるんですね。

蛭 田 有 一 オフィシャルサイト
http://www.ne.jp/asahi/hiruta/photo/10-1gall.html

0 件のコメント:

コメントを投稿