2015年8月1日

金子兜太句集『旅次抄録』


第7句集『旅次抄録』構造社 昭和52年6月  1,000円

句は花神社コレクション「金子兜太」から
霧に白鳥白鳥に霧というべきか
僧といて柿の実と白鳥の話
山みみずばたばたはねる縁ありて
      潮来・二句
夜明けの鴎残夢残夢と野をゆけば
灯がかたまり水が重なる野が終れば
病む妻に添い寝の猫の真つ黒け
    土佐・三句
海に会えばたちちまち青き梨剥きたり
水族館に鈍きは海蛇傷つくとも
太平洋抱卵のごとし渚の少女らは
     伊豆・三句
伊豆の夜を遠わたる雷妻癒えよ
海鳥あまた渚の骸(むくろ)病む妻へ
緑褥というか海辺の草に妻
   越前三国・四句
昼は渚をひたすら歩み鵜と会いぬ
九頭竜河口に羽毛降りきて夏病む妻
廃墟という空き地に出ればみな和らぐ
眼前に暗き硝子戸越前泊り
    河内弘川寺・二句
大頭の黒蟻西行の野糞
出会いし人ら頭咲かせて水田べり
    金子光晴死去
   緑鋭の虚無老い声の疳高に
霧に花首標高一九〇〇メートルの人肌
照り返えす過去黍畑に雄の馬
     十里木・七句
富士たらたら流れるよ月日にめりこむよ
「すべて腐爛(くさ)らないものはない」朝涼の富士よ
高原晩夏肉体はこぶ蝮とおれ
高原に落鮎食らい時流す
霧中に富士酒ほしげなり破戒僧
濁酒あり星と野犬の骸骨(されこうべ)
星がおちないおちないと思う秋の宿
     木曾・三句
のつぽと短躯秋の木曽路の縦横(たてよこ)
夜の向こうにアルプス牙木曽酔人(よいびと)
木曾の夜ぞ秋の陽痛き夢の人
黒姫山に花鷄(あどり)溢れる味噌焚けば
鷺が通れば春の豚小屋豚総立ち
木のなかへ木がとけてゆく夕惑い
喪の日とや夏風荒れて頭禿げて
霧に美食捕鯨船長長並み
     因幡・二句
幼な子の尿(しと)ほどの雨鳥取泊り
海くる祖の風砂山を生み金雀枝を打つぞ
     伯耆・三句
藤房の夜見の国あり陽の山あり
緑歯噛んで酒すするなり山の人
大山山中祭のながれゆるしゆるし
人刺して足長蜂(あしなが)帰る荒涼へ
あきらか鴨の群れあり山峡漂泊 


後記 『旅次抄録』      金子兜太
  
 三十年ちかく勤めていたところを退職して、すでに二年半たった。そのあいたにできたものをまとめたのだが、旅の句が多い。やはり、外に出ると、人や天然との新しい出会いがある。それも、一期一会ともいえるほどの新しい、しかしそれきりの出会いもあれば、
二度三度と会っているにもかかわらず、まったく新しい気分で会える人がいたり、天然があったりする。それにひかれて。出かけることが多かったのだ。

 しかし、〈定住漂泊〉者の私には、息子夫婦とその赤ん坊と同居し、細君とおおいに喋り、来訪者や会合の人たちと酒を飲み、鳥や木や花を眺め、犬や猫のあくびのお付合いをするIその日常もまた旅次だから、外に出る旅だけにこだわる必要もない。すべてをひっ
くるめて、旅次抄録と名付けたゆえんである。
    ★
 私は、〈艶めく〉とかくなまなましい〉ということばが好きだ。細君にいわせると、私の感性は、いつまでも〈少年的〉なのだそうである。偉そうなことをいうわりには、根は幼稚だ、ということにもなるらしい。

 細君の批評はともかく、私がこういうことばを愛好し多用するのは、そう感じられるときの人間や天然を、いちばん美しいとおもうからである。そのときには、人間も天然も、なまぐさいほどに〈現実〉であり、同時に〈自然〉なのだ。荒々しくそのままであり、人間でいえば、本能の純粋状態(私は〈純動物〉の状態という)といいたいものを、そこに感じる。

 いまの現実は、その状態をさまたげている場面が多すぎる。それだけに、人間や天然との艶っぽい、なまましい出会いを私は求めるのだが、求める、という安勢は消極的なのかもしれない。しかし、いまの私にとっては、これが精一杯の積極性なのである。

 こうした、〈現実〉と〈自然〉の同時性への求めは、句にする段階では(おおげさにいえば言語表現の段附では)、〈現実〉と〈伝統〉の同時性への求めに繋がる。
なによりも現在只今の自分と人々と天然に直接的であろうとしつつ、同時に、〈伝統体感〉への身ぐるみの探りいれを欠かすまいとするのは、そのためであって、これがないと、ことばにのせたとき、どんなになまなましい現実でも、軽くなり流れてしまう懸念がある。


俳句のような短詩形だから、よけいにそのことをきっく体験するのかもしれないのだが。
 〈現実〉と〈自然〉、〈現実の表現〉と〈伝統体感〉にの重ねかたが、いま私が手探りしている「不易流行」の入口でもある。しかし、そのためには、私自身がもっと自在に(それこそ自然に)ならなければいけないとおもうのだが、執着だらけでうまくはゆかな
い。自在になろうとして、すでにそうおもうことで自分を縛っているのだから、話にならない。いつの‐か、自信をこめて、〈自由人宣言〉をやってやろうとおも
っているのだが。
    ★
 この句集をまとめる直前、土佐の国は南国市に、杉本恒星を訪ね、高知市や土佐市に幡鋸する俳句仲間と会い、杉本に誘われるままに、土佐文雄、片岡文雄の両文雄との新しい出会いも得た。途上、岡本弥太の詩「白牡丹図」とも、ふたたび出会った。その詩。
 白い牡丹の花を
 捧げるもの
 剣を差して急ぐもの

 日の光青くはてなく
 このみちを
 たれもかへらぬ

 土佐の初夏のひかりは、この詩の叙情を、よりいっそう感動的なものにするだろう。私は、この詩が書かれた昭和初期、かの十五年戦争突入の時期をおもい、「剣を差して急ぐもの」に詩人のむなしげな心意を感じもするのだが、しかし、いまの現実におきなおして
も十分に現実感がある。

ある、とおもいつつ、私は、おそらく岡本弥太もまた、「白い牡丹の花を捧げるもの」であることを、いさぎよしとせず、さりとて、「剣を差して急ぐもの」にもなろうとはしない、いわば、どっちつかずの〈手ぶらで歩くもの〉ぐらいだろうとおもった。

この「図」からにおってくる二つの対照、たとえば、文と武、詩と剣―そのどちらにも自分を決めることをためらいながら、双方を共に、と願う生きざま。生ぐさい、しかし、どこかお高くとまった、人間としての有り様。着ながし、開襟シャツで、「たれもかへらぬ」「このみちを」ぶらりぶらりと歩きながら、妙に眼だけがしっかりしている有り様。
    ★
 この句集をまとめることができたのは、構造社社主横山乾治と奇友青砥コー郎両氏の奨めによる。感謝したい。
    昭和五十二年(一九七七年)春
                 金子兜太


解説 海程同人  安西 篤(金子兜太集より転載)

付・「あとがき」、総頁256頁、装画/装幀・建石修志、判型・B6判、 造本・並製カバー装、発行1974年6月
16日初版、発行所・構造社出版

『旅次抄録』は、昭和49年(1974)9月に日本銀行を定年退職して以 降約二年半の作品から226句をまとめたもの。
旅の句が多いが、必ずしも旅ばかりではなく、人や天然との新しい出会いを連作のように二十章 に細分化して章立てしている。題名について「あとがき」でこう書いてい る。
「(定住漂泊)者の私には、息子夫婦とその赤ん坊と同居し、細君と おおいに喋り、来訪者や会合の人たちと酒を飲み、鳥や木や花を眺め、犬や猫のあくびのお付合いをする
ーその日常もまた旅次だから、外に出る旅だけにこだわる必要もない。すべてをひっくるめて、旅次抄録と名付けたゆえんである」と。

 そしてこの時期の所感として「(現実)と(自然)
(現実の表現〉と(伝統 体感)―この重ねかたが、いま私が手探りしている『不易流行』の入口で もある」といい、新しい伝統を築くための自在なる体感への求めを強調している。   

0 件のコメント:

コメントを投稿