2014年11月22日

金子兜太句集『蜿蜿』 

 

第3句集 『蜿蜿』えんえん
発行1968年4月25日初版

(句は花神社コレクション『金子兜太』から)
青野に眠る黄金の疲労というもので
鉄と緑の散乱わずかな休暇を得て
どれもロ美し晩夏のジャズ一団
遠い一つの窓黒い背が日暮れ耐える
沼が随所に髭を剃らねば眼が冴えて
紫陽花の夜にうずくまる善意の妻
屋上バレーの手挙がる超高空の空
   竜飛岬二一句
乳房掠める北から流れてきた鰯
無神の旅あかつき岬をマッチで燃し
霧の村石を投(ほう)らば父母散らん
石柱さびし女の首にこおろぎ住み
さんさんと人を転がし消毒する
髪なびかせ生殖急ぐ地平の馬
稲妻に切られ斬るべき書に向かう
鶴の本読むヒマラヤ杉にシャツを干し
蝌蚪つまむ指頭の力愛に似て
   秋田・男鹿半島
男鹿の荒波黒きは耕す男の眼
   北海道二一句
唐黍かじる若き記者らに東方曇曇る 
俺が食う馬鈴薯映して友の眼鏡
三日月がめそめそといる米の飯
船窓を醜(しこ)の魚過ぎ目覚め荒し
谷に陽が入り水漬く紙片が土となる
  下北・尻屋崎・五句
風圧のわれよ木よ海に鰭の交(こう)
最果ての赤鼻の赤魔犀の岩群(いわむれ)
海流ついに見えねど海流と暮らす
青天枕に彼も宇宙飛行士のほほえみ
梨の木切る海峡の人と別れちかし
眼の大きな汗かき男の漫画終わる
鈍く鰈を打ちすえる男濃霧の中
軟着感トンネルの中じゆう続く
   赤城山
山幾山膝は鈴より光るなり
   東北・津軽二句
津軽満月足摺り輪となりこの世の唄
人体冷えて東北白い花盛り

2014年11月20日

『金子兜大全句集』

句碑が皆野町立沢にあります

第6句集『金子兜大全句集』1975年刊行 (昭和五十年)  
立風書房 (句集は387句)
句は花神コレクション「金子兜太」から

『金子兜太全句集』所収・第  田園歌・7句 

雄猫ありき棗の実を見上げ
雄猫ありき平原に稲妻幾夜
農薬撒布のヘリゆき毛虫は死なざりき
黒猫ありきらきらの眼は菱の実
黒猫あり麦秋の野には太蛇(ふとへび)
黒猫あり幹を走れば降る朝星
宅地造成のブルゆき蛙は逃げたりき
焼鳥やしずくのような日暮れ鳥
温くもればはしやぎ寒ければ萎え芹の家
髭のびててつぺん薄き自然かな
  飛騨6句
昼の僧白桃を抱き飛騨川上
雨の日の蹠(あうら)散らして飛騨川沿(ぞ)い
竜になりそう雨に降られて梅干たべて
飛騨紅葉人体もつれ合う隣家
晩秋や通訳ひとり韓紅(からくれない)
人嫌いの婆追いつめる秋の旅
玄冬平野夜明けの枕も雲も白
冷雨に濡れる百頭の歯を剥く牛馬
河の歯ゆく朝から晩まで河の歯ゆく
ぎらぎらの朝日子照らす自然かな
童貞の石頭あり野の昼月
夜は朝日の光消えがち山の酒
  詩経國風によせて5句
日の夕べ天空を去る一狐かな
一日見ざれば三秋のごとしかの猟人
わが世のあと百の月照る憂世かな
谷に妻あり男ぱらぱら涙ぐせ
風夕べ牛と羊は下るかな
横の子が転げて鼻血緑野行(こう)
この魚の赤き尾対岸栗の花
直(ひ)た照りの痩身倒れ夏が来るな
霧深(きりぶか)の秩父山中繭こぼれ
山峡に稲の音あり秋まぼろし
人影に蚕飼の疲れ霧の家
霧の蚕飼鳥がばさばさ近づいて
飼屋に置く鏡ひかれば夕月あり
男女のことはすべて屈伸虫の宿
酔い漂い水光無韻の秋の旅 

人気の投稿