2014年11月22日

金子兜太句集『蜿蜿』 

 

第3句集 『蜿蜿』えんえん
発行1968年4月25日初版

(句は花神社コレクション『金子兜太』から)
青野に眠る黄金の疲労というもので
鉄と緑の散乱わずかな休暇を得て
どれもロ美し晩夏のジャズ一団
遠い一つの窓黒い背が日暮れ耐える
沼が随所に髭を剃らねば眼が冴えて
紫陽花の夜にうずくまる善意の妻
屋上バレーの手挙がる超高空の空
   竜飛岬二一句
乳房掠める北から流れてきた鰯
無神の旅あかつき岬をマッチで燃し
霧の村石を投(ほう)らば父母散らん
石柱さびし女の首にこおろぎ住み
さんさんと人を転がし消毒する
髪なびかせ生殖急ぐ地平の馬
稲妻に切られ斬るべき書に向かう
鶴の本読むヒマラヤ杉にシャツを干し
蝌蚪つまむ指頭の力愛に似て
   秋田・男鹿半島
男鹿の荒波黒きは耕す男の眼
   北海道二一句
唐黍かじる若き記者らに東方曇曇る 
俺が食う馬鈴薯映して友の眼鏡
三日月がめそめそといる米の飯
船窓を醜(しこ)の魚過ぎ目覚め荒し
谷に陽が入り水漬く紙片が土となる
  下北・尻屋崎・五句
風圧のわれよ木よ海に鰭の交(こう)
最果ての赤鼻の赤魔犀の岩群(いわむれ)
海流ついに見えねど海流と暮らす
青天枕に彼も宇宙飛行士のほほえみ
梨の木切る海峡の人と別れちかし
眼の大きな汗かき男の漫画終わる
鈍く鰈を打ちすえる男濃霧の中
軟着感トンネルの中じゆう続く
   赤城山
山幾山膝は鈴より光るなり
   東北・津軽二句
津軽満月足摺り輪となりこの世の唄
人体冷えて東北白い花盛り

2014年11月20日

『金子兜大全句集』

句碑が皆野町立沢にあります

第6句集『金子兜大全句集』1975年刊行 (昭和五十年)  
立風書房 (句集は387句)
句は花神コレクション「金子兜太」から

『金子兜太全句集』所収・第  田園歌・7句 

雄猫ありき棗の実を見上げ
雄猫ありき平原に稲妻幾夜
農薬撒布のヘリゆき毛虫は死なざりき
黒猫ありきらきらの眼は菱の実
黒猫あり麦秋の野には太蛇(ふとへび)
黒猫あり幹を走れば降る朝星
宅地造成のブルゆき蛙は逃げたりき
焼鳥やしずくのような日暮れ鳥
温くもればはしやぎ寒ければ萎え芹の家
髭のびててつぺん薄き自然かな
  飛騨6句
昼の僧白桃を抱き飛騨川上
雨の日の蹠(あうら)散らして飛騨川沿(ぞ)い
竜になりそう雨に降られて梅干たべて
飛騨紅葉人体もつれ合う隣家
晩秋や通訳ひとり韓紅(からくれない)
人嫌いの婆追いつめる秋の旅
玄冬平野夜明けの枕も雲も白
冷雨に濡れる百頭の歯を剥く牛馬
河の歯ゆく朝から晩まで河の歯ゆく
ぎらぎらの朝日子照らす自然かな
童貞の石頭あり野の昼月
夜は朝日の光消えがち山の酒
  詩経國風によせて5句
日の夕べ天空を去る一狐かな
一日見ざれば三秋のごとしかの猟人
わが世のあと百の月照る憂世かな
谷に妻あり男ぱらぱら涙ぐせ
風夕べ牛と羊は下るかな
横の子が転げて鼻血緑野行(こう)
この魚の赤き尾対岸栗の花
直(ひ)た照りの痩身倒れ夏が来るな
霧深(きりぶか)の秩父山中繭こぼれ
山峡に稲の音あり秋まぼろし
人影に蚕飼の疲れ霧の家
霧の蚕飼鳥がばさばさ近づいて
飼屋に置く鏡ひかれば夕月あり
男女のことはすべて屈伸虫の宿
酔い漂い水光無韻の秋の旅 

2014年11月1日

金子兜太句集『少年』


第一句集『少年』 昭和30年10月1日刊 
定価150円 風発行所
句集「少年」 抄出した句と後記をアップ
※少年により1956年、現代俳句協会賞を受賞。

『鼎』 七洋社 合同句集  [1950年1月]
田川飛旅子・虹の蕊 金子兜太・生長  青池秀二・風燈


金子兜太自選(句は春陽堂俳句文庫「金子兜太」から)
 
白梅や老子無心の旅に住む <水戸高校句会で始めて作った句です>
蛾のまなこ赤光なれば海を恋う
葭切や屋根に男立上る
日日いらだたし炎天の一角に喇叭鳴る
野ばらの莟むしりむしりて青空欲る (富士山麓二句)
富士を去る日焼けし腕の時計澄み
真葛野に晴曇繁(しげ)し音もなく
鰯雲故郷の竃火(かまどび)いま燃ゆらん
霧の夜のわが身に近く馬歩む
ノートに触れ冬の犬の尾固かりき
二等兵の肩章汚れ湖(うみ)荒れる
嫁ぐ妹と蛙田を越え鉄路を越え
階下の人も寝る向き同じ蛙の夜
欠伸して水蜜桃が欲しくなりぬ
なめくじり寂光を負い鶏(とり)のそば
夏誰か尺八(たけ)一管を壁に立て
首に弁当秋の蜂など山が聳え
曼珠沙華どれも腹出し秩父の子
 (秩父札所34番水潜寺に句碑有ります)
あけびの実軽しつぶてとして重し
山脈(やまなみ)のひと隅あかし蚕(こ)のねむり
土間口に夕枯野見ゆ桃色に
木曾のなあ木曾の炭馬(すみうま)並び糞(ま)る  (木曾福島にて)
蝶の舞うたかんなの頭(ず)の黒かりき
少年の放心葱畑(ねぎばた)に陽が赤い
赤蟻逡うひとつの火山礫拾う
愛欲るや黄の朝焼に犬佇てり
秋㡡(あきかや)の父子に日の出の栄(はえ)満ち来
蟹と共に海の入日へ向きて歩む
青梅落つ三とせの服はたるみつつ
盆の月わが屋根の上(え)に来ていたり
柿の木に月こもる頃寝(ね)に入りぬ
大芭蕉母の眼鼻(めはな)もうすみどり
かまつかに吾れくろぐろと征(ゆ)かむとす
秋風の父が手帖をめくりやまぬ
残る音や虚ろの倉庫そこに立ち
冬旱眼鏡を置けば陽が集う
大き帆船厠の窓に月ひと夜 (トラック島にて二十句)
壕に寝しひと夜の裸身拭きに拭く
疲れ且つ戦い仏桑花を愛す
ふる里はあまりに遠しマンゴー剥く
パパイアの青果たわわに額(ぬか)さむし 
床の蟻惑わば惑え熱を病む
紅雀偽装地帯にきわやかに
スコールに濡れたるままの夕餉かな
パンの実の熟れしにおいの戎衣(じゅうい)かな
岩に蜥蜴蟹は木の根に海荒ぶ
暁(あけ)のスコール飯食う膝に飛沫きつつ
森の奥パンの実青く焼かれおり
キャッサバ林軍靴を照らす火の果てに
マンゴー実り檀榔樹切り倒されてゆく
樹海の果て白照るリーフ見ゆるのみ
足につくいとど星座は島被う
古手拭蟹のほとりに置きて糞る
魚雷の丸胴蜥蜴這い廻りて去りぬ
パンの実の灯を得て青し手紙開く
被弾のパンの樹島民の赤児泣くあたり
椰子の丘朝焼しるき日日なりき
(トラック島にて終戦 三句)
スコールの雲かの星を隠せしまま
海に青雲生き死に言わず生きんとのみ
あお向きしとき月ありぬ一つの月
  (トラック島にて米側作業に従事 三句)
葦の穂や滑走路昃(かげ)り吾等帰る
愚に近き日日やバナナは色づきて
水脈(みお)の果て炎天の墓碑を置きて去る(帰国二句)
北へ帰る船窓雲伏し雲行くなど

 少年/生長

一汽缶車吐き噴く白煙にくるまる冬
中学生神語りおり雪積む藁
死にし骨は海に捨つべし沢庵噛む
朝日煙る手中の蚕妻に示す(塩谷皆子と結婚)
落縄暗き月の出時を月の方へ
青草に尿(いばり)さんさん卑屈捨てよ
妻みごもる秋森(あきもり)の間(あい)貨車過ぎゆく
夏草より煙突生え抜け権力絶つ
独楽廻る青葉の地上妻は産(う)みに
河口に浪しろじろと寄り吾子も夏へ
雷雲車窓の吾(あ)を明るくしこの午後果つ
墓地も焼跡蝉肉片のごと樹樹に
野心も秋ヘマッチの焔指に迫り
茜の冬田誠意の妻の何もたらす
雪積む貨車酔い痴・れた手は妻の肩
マッチの軸頭(あたま)そろえて冬逞し
銀行員に早春の馬唾充(つばみ)つ歯
縄とびの純潔の額(ぬか)を組織すべし
霧の車窓を広島走(は)せ過ぐ女声を挙げ
ここのところに俺の子枯山もう暗い
手の傷も暮しの仲間雪蒼し (福島にて 九句)
奴隷の自由という語寒卵皿に澄み
枯草にキャラメルの箱河あわれ
熊蜂とべど沼の青色を抜けきれず
確かな岩壁落葉のときは落葉のなか
きょお!!と喚めいてこの汽車はゆく新緑の夜中
裏庭蒼い銀行の夕暮を持ち帰る
雪山の向うの夜火事母なき妻
暗闇の下山くちびるをぶ厚くし
嬰粟よりあらわ少年を死に強いた時期  (会津飯盛山)  

あとがきより
◇昭和二十五年に田川飛旅子、青池秀二と三人で句集『鼎』を出し、その時の自分の題を「生長」とした。
この句集はその時の作品を殆ど網羅し、その後のものを「竹沢村にて」「福島にて」「神戸にて」と住んでいた所に従って分類し附け加えた。
これによって昭和十五年から30年6月までのーつまり僕が俳句を創りはじめてから現在までのー15年間に亘る作品をこの一冊に纏めたことになるわけである。
※「少年」により1956年現代俳句協会賞を受賞
昭和56年 復刻版 四季出版 7000円



人気の投稿